危険物施設について詳しく知りたい!危険物取扱所とは?

危険物施設について
詳しく知りたい!
危険物取扱所とは?

危険物とは、消防法に指定されている火災を発生させやすい物質の総称です。身近な物質では、ガソリンや灯油が危険物に指定されています。危険物を取り扱ったり、取り扱いの監督業務をおこなったりできる資格である危険物取扱者は、社会人にも人気の資格です。取得を目指している方も多いことでしょう。

そこで、今回は危険物施設の一つである、危険物取扱所について解説します。

この記事を読めば、危険物取扱者の資格取得方法もよく分かるでしょう。危険物取扱者の資格取得を目指している方は、ぜひ読んでみてくださいね。

01. 01. 危険物の
基礎知識

はじめに、危険物の種類や指定されている物質の特徴、根拠となる法律について解説します。どのような物質が、危険物として指定されているのでしょうか?

危険物って何?

前述のとおり、危険物とは火災の原因となりやすい物質のうち、消防法で指定されているものです。現在のところ、危険物は常温の状態で固体か液体であるものばかりで、天然ガスをはじめとする可燃性ガスは指定されていません。これは、高圧ガス保安法という法律によって、可燃性ガスの取り扱い方や保管方法が定められているからです。

危険物は、火災の原因となる「可燃性物質」と、酸素の供給源となって火災を大きくする可能性のある「支燃性物質」があり、さらに特徴ごとに、以下のような6種類に分類されています。

  1. 酸化性固体
  2. 可燃性固体
  3. 自然発火性物質および禁水性物質
  4. 引火性液体
  5. 自己反応性物質
  6. 酸化性液体

危険物の規制について

危険物は消防法によって、それぞれ指定数量が定められています。この指定数量を超えた量の危険物を取り扱ったり貯蔵したりする場合は、危険物取扱者という資格が必要です。危険物取扱者というと、ガソリンスタンドで働くために必要な資格というイメージがあります。これはガソリンスタンドが指定数量を超えて危険物を取り扱っているためです。
また、自治体によっては独自の条例を制定し、指定数量未満でも危険物の取り扱いや貯蔵をしている施設に、危険物取扱者の選任を求めているところもあります。

危険物と消防法

消防法とは、火災から人命と財産を守るために制定された法律です。危険物を指定しているほか、消化方法や取り扱い方・貯蔵庫・取扱所の基準も法律で定められています。危険物取扱者の資格取得を目指す方は、一度目を通しておきましょう。資格試験にも出題されます。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所