危険物施設について詳しく知りたい!危険物取扱所とは?

危険物施設について
詳しく知りたい!
危険物取扱所とは?

危険物とは、消防法に指定されている火災を発生させやすい物質の総称です。身近な物質では、ガソリンや灯油が危険物に指定されています。危険物を取り扱ったり、取り扱いの監督業務をおこなったりできる資格である危険物取扱者は、社会人にも人気の資格です。取得を目指している方も多いことでしょう。

そこで、今回は危険物施設の一つである、危険物取扱所について解説します。

この記事を読めば、危険物取扱者の資格取得方法もよく分かるでしょう。危険物取扱者の資格取得を目指している方は、ぜひ読んでみてくださいね。

01. 危険物の
基礎知識

はじめに、危険物の種類や指定されている物質の特徴、根拠となる法律について解説します。どのような物質が、危険物として指定されているのでしょうか?

危険物って何?

前述のとおり、危険物とは火災の原因となりやすい物質のうち、消防法で指定されているものです。現在のところ、危険物は常温の状態で固体か液体であるものばかりで、天然ガスをはじめとする可燃性ガスは指定されていません。これは、高圧ガス保安法という法律によって、可燃性ガスの取り扱い方や保管方法が定められているからです。

危険物は、火災の原因となる「可燃性物質」と、酸素の供給源となって火災を大きくする可能性のある「支燃性物質」があり、さらに特徴ごとに、以下のような6種類に分類されています。

  1. 酸化性固体
  2. 可燃性固体
  3. 自然発火性物質および禁水性物質
  4. 引火性液体
  5. 自己反応性物質
  6. 酸化性液体

危険物の規制について

危険物は消防法によって、それぞれ指定数量が定められています。この指定数量を超えた量の危険物を取り扱ったり貯蔵したりする場合は、危険物取扱者という資格が必要です。危険物取扱者というと、ガソリンスタンドで働くために必要な資格というイメージがあります。これはガソリンスタンドが指定数量を超えて危険物を取り扱っているためです。
また、自治体によっては独自の条例を制定し、指定数量未満でも危険物の取り扱いや貯蔵をしている施設に、危険物取扱者の選任を求めているところもあります。

危険物と消防法

消防法とは、火災から人命と財産を守るために制定された法律です。危険物を指定しているほか、消化方法や取り扱い方・貯蔵庫・取扱所の基準も法律で定められています。危険物取扱者の資格取得を目指す方は、一度目を通しておきましょう。資格試験にも出題されます。

02. 危険物を保管する
施設について

この項では、危険物を保管する施設について解説します。取扱所以外には、どのような施設があるのでしょうか?

危険物の保管について

危険物は不用意に保管しておくと、火災や爆発の危険があります。そのため、指定数量以上の危険物を取り扱ったり保管したりする施設は、消防法が定める規定に沿った建物や貯蔵所を造り、その中で危険物の貯蔵・製造・取り扱いを行わなければなりません。
なお、危険物によっては、指定数量未満でも保管できる容器などが決まっているものがあります。私たちの最も身近な危険物の一つであるガソリンは、少量であっても専用の容器に保管しなければ持ち歩けません。

また、複数の危険物を同時に保管しておきたい場合は、保管している量を指定数量で割りましょう。すると、1未満の数字が出ます。それらの和が1未満ならば、専用の建物や貯蔵庫でなくても保管が可能です。つまり、多くの危険物を保管しようとすれば、1種類当たりの保管できる量が少なくなります。

危険物施設について

指定数量以上の危険物を貯蔵したり取り扱ったりする施設には、

  • 製造所
  • 貯蔵所
  • 取扱所

の3種類があります。製造所は、文字どおり危険物を製造する場所のことです。化学工場などが該当します。危険物貯蔵所は、施設で消費するために危険物を貯蔵しておく場所のことです。燃料貯蔵所などが該当します。また、危険物を運ぶタンクローリーも貯蔵所の一種です。
取扱所については、次の項で詳しく説明します。

危険物取扱所とは?

危険物取扱所とは、危険物を販売したり移送したりする場所のことです。

  • 給油取扱所(ガソリンスタンド)
  • 販売取扱所(塗料店など)
  • 移送取扱所(石油パイプラインなど)
  • 一般取扱所(それ以外)

以上のような取扱所が、消防法によって定められています。給油取扱所と販売取扱所は危険物を販売するという点では同じです。給油取扱所が灯油やガソリンを購入者が持ってきた容器(自動車や灯油用のポリタンク)に入れて販売するのに対し、販売取扱所は、容器に入れられた危険物を販売します。
一般取扱所は、ボイラーの燃料や洗剤・潤滑油などに危険物を取り扱う施設です。また、タンクローリーに危険物を注入したり、詰め替えたりする施設も、一般取扱所に該当します。

取扱所の規定について

危険物取扱所として認められるには、

  • 爆発事故が起こった際、屋根を吹き飛ばせて爆風が抜けられるように、軽金属を用いる
  • 壁は耐火構造にして、不燃材料を用いて作る
  • 窓ガラスは網入りガラスを用い、採光窓を作る
  • 床は危険物が浸透しないように作り、漏れた危険物がためられるようにためますを作る
  • 地下に取扱所は設置できない
  • 避雷針を設置する
  • 配管を設置する場合は、強度のある素材を使うこと

といった規定があります。これは、製造所と同じですので、覚えておきましょう。また、一般取扱所の中には、取り扱える危険物に制約があります。たとえば、ボイラーの燃料などには引火点が30℃以上の第4類危険物だけを用いることができ、貯蔵量は指定数量の30倍までです。

03. 危険物取扱者の
資格取得の方法

この項では、危険物取扱者の資格取得の方法を解説します。ぜひ、参考にしてくださいね。

危険物取扱者の種類

危険物取扱者には、

  • 甲種:すべての危険物の取り扱いや保安監督業務を行うことができる
  • 乙種:1類~6類に分かれており、取得した類の危険物の取り扱いや保安監督業務を行うことができる
  • 丙種:危険物第4類に指定されている引火性液体のうち、ガソリンや灯油など一部の物質の取り扱いができる。監督業務は行えない

以上の3種類があります。危険物取扱者というと、乙4という言葉が有名ですが、これは乙種4類という意味です。

危険物取扱者の資格取得方法

危険物取扱者の資格を取得するには、消防試験研究センターが主催する試験を受けて合格する必要があります。乙種・丙種は受験資格が定められていないので、誰でも受験することが可能です。そのため、時折低年齢の合格者が話題になることもあります。

甲種を受験するためには、大学などで化学に関する単位を15以上取得する、乙種を取得して2年以上の実務経験を積む、などの条件があるので、センターのホームページをまずは確認してください。乙種の類を4つ以上取得していても受験資格を得られますので、乙種を取得してから甲種の試験に挑戦する方もいます。

試験日程・科目など

危険物取扱者の試験は、前期と後期に分かれており、都道府県によって開催日が異なります。詳細はセンターのホームページで確認してください。
なお、東京のような大都市では、ほぼ毎月試験が行われています。どの都道府県で試験を受けてもかまいませんし、受験回数に制限はありません。ですから、今月神奈川県で試験を受け、来月は東京都で試験を受けるということも可能です。

試験科目は、

  • 危険物に関する法令
  • 物理および化学(丙種は、燃焼及び消火に関する基礎知識)
  • 危険物の性質並びにその火災予防および消火の方法

の学科試験です。乙種を取得している方が別の類を取得する場合は、法令と物理・化学の試験が免除されます。そのほかにも特定の資格を取得していれば、試験が免除されることがあるので、消防試験研究センターの該当ページを確認してください。
ただし、丙種を取得して乙種を受ける場合や、乙種を取得してから甲種を受ける場合は、免除科目はありません。

申し込み方法など

試験の申し込みは、消防試験研究センターのホームページから電子申請を受けつけています。受験料は甲種:5,000円、乙種:3,400円、丙種:2,700円です。ただし、試験の科目免除を申請した場合は添付書類が必要ですので、願書と添付書類をセンターに郵送してください。願書は、全国の消防署で配布しています。

勉強方法のコツ

危険物取扱者の試験は、1科目につき60%以上の得点で合格です。1科目でも60%未満の点数があると合格できないので注意しましょう。合格率は甲種が35%前後、乙種が35~50%前後、丙種が70%前後です。なお、乙種の中では4類だけが極端に合格率が低いのですが、これは受験者が多いためで、乙種4類だけが特別に難しい問題が出されるわけではありません。

危険物取扱者の資格は人気があるので、たくさんの参考書が販売されており、通信教材でも講座が開設されています。物理や化学の知識があるという方は、独学でも合格できる可能性が高いでしょう。参考書と過去問題集が販売されているので、参考書を購入して知識を習得し、過去問題集で実力を試すとよいですね。過去問題集と参考書が1冊になったものもありますが、必要最低限のことしか書かれていないので、分かれたものを購入した方がいいでしょう。漫画で描かれた参考書もあります。

甲種を受験したい場合や、全く知識のない状態から試験にチャレンジする場合は、通信教材を利用したほうがいいでしょう。物理や化学も暗記問題が中心ですが、中学や高校で勉強して以来時間が経っている場合は、参考書を読んでも理解できないことがあります。甲種の場合は試験範囲が広いので、通信教材のほうが勉強しやすいという方も多いでしょう。

04. 危険物施設や
取扱所に対するよくある質問

Q.危険物取扱者の試験に、危険物施設に関する問題は出ますか?
A.はい。出る年もあります。

Q.危険物施設は、人気のないところに造らなければなりませんか?
A.いいえ。基準を守れば住宅街の中にも造ることは可能です。

Q.危険物取扱者の有資格者であれば、危険物施設の管理を行えますか?
A.乙種の場合は、自分が取得した類の危険物の貯蔵や取り扱いを行っている施設しか、管理することはできません。

Q.乙種は複数取得しておいたほうが有利ですか?
A.はい。仕事の幅が広がるでしょう。

Q.ホームセンターは危険物施設にはあたりませんか?
A.ホームセンターでは、指定数量以上の危険物を扱うことはまずありませんので、危険物施設には該当しないのです。

05. 危険物施設
まとめ

いかがでしたか? 今回は、危険物施設の中の取扱所について解説しました。危険物取扱所・貯蔵所・製造所については、資格試験でもよく出題されます。建物の基準などは暗記しておきましょう。なお、取扱所の一種、移送取扱所が設置されている場所は少数ですが、知識として覚えておく必要があります。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所