高圧ガスの資格が知りたい

高圧ガスの資格が知りたい!
種類や試験内容、
勉強法などについて

家庭で使用するプロパンガスや商業施設・工場など、さまざまな場所で高圧ガスが使われています。高圧ガスは扱い方を間違えると爆発や火災の可能性がある危険なものです。だからこそ、専門知識を得た有資格者が責任を持って扱わなければなりません。高圧ガスの資格には、さまざまな種類があるので、それぞれの特徴を把握してから受験することが大切です。そこで、本記事では、高圧ガスの基礎知識や関係する資格・高圧ガス製造保安責任者の資格概要や勉強法について説明します。

この記事を読むことで、高圧ガスの資格について詳しく知ることができます。就職・転職・資格試験の受験を考えている方は、ぜひ参考にしてください。


01. 01. 高圧ガスの基礎知識

高圧ガスの資格について知る前に、基礎知識を身につける必要があります。それでは、定義や高圧ガス保安法・主な種類・決まりごとについて詳しくチェックしていきましょう。

1-1.定義

高圧ガスを簡単に説明すると、高い圧力のガスです。次の項目で出てくる「高圧ガス保安法」では、以下のように定められています。

  1. 常用の温度において圧力が1Mpa(メガパスカル)以上となる圧縮ガスであり、その圧力が1Mpa以上であるもの。または、温度35℃において、圧力が1Mpa以上となる圧縮ガス
  2. 常用の温度において圧力が0.2Mpa以上となる圧縮アセチレンガスであり、その圧力が0.2Mpa以上であるもの。または、温度15℃において圧力が0.2Mpa以上となる圧縮アセチレンガス
  3. 常用の温度において圧力が0.2Mpa以上となる液化ガスであり、その圧力が0.2Mpa以上であるもの。または、圧力が0.2Mpaとなる場合の温度が35℃以下である液化ガス
  4. 1~3のほか、温度35℃において圧力が0Mpa以上の液化シアン化水素・液化プロムメチルおよび液化酸化エチレン

1-2.高圧ガス保安法について

高圧ガス保安法は、高圧ガスの製造・貯蔵・販売・輸入・移動・消費・廃棄などを規制するとともに、高圧ガスによる災害の防止や、公共の安全の確保を目的とした法律です。1997年の4月1日に、高圧ガス取締法から改題されました。

1-3.主な種類

高圧ガスは、大きく分けて圧縮ガス・液化ガス・特殊高圧ガスの3種類があります。圧縮ガスは、名前のとおり、圧力をかけて圧縮させたガスのことです。カセットボンベやプロパンガスが代表的な液化ガスは、圧縮ガスよりも圧力が低くなります。温度を上げると、急激に体積がふくらんで爆発するのが特徴です。そして、特殊高圧ガスは、圧縮液化天然ガスや液化石油ガスが当てはまります。爆発事故を起こす危険性が高いので、十分に注意して扱わなければなりません。

1-4.高圧ガスの決まりごと

高圧ガスは、爆発・火災の可能性があるため、危険物と同じ扱いとなっています。高圧ガス保安法によって、輸送・保存・取り扱いにかんする規則がきちんと決められているのです。たとえば、高圧ガスを輸送する場合は、資格保持者が同乗しなければなりません。また、国の法律による規則だけでなく、都道府県の省令などで事細かく定められています。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所