非常用放送設備について知りたい!非常警報設備との違いは何?

非常用放送設備
について知りたい!
非常警報設備との違いは何?

非常用放送設備とは、消防法によって一定以上の床面積を持つ施設に設置が義務づけられている非常警報装置の一種です。ベルやサイレンの音で非常事態が起きたことを知らせるほか、避難指示を出したりするために使用されます。

今回は、非常用放送設備とはどのようなものかということを中心に、消防設備について解説しましょう。

この記事を読めば、消防設備の整備や点検を行うことのできる資格についても、よく分かりますよ。消防設備士の資格取得を目指している方も、ぜひ読んでみてくださいね。

01. 01. 非常用放送設備の
基礎知識

はじめに、非常用放送設備とはどのような装置かということを解説します。火災報知器などとの違いはなんでしょうか?

非常用放送設備の定義

非常用放送設備とはスピーカーを利用し、音声を用いて建物内の人々に異常事態が起こっていることを伝え、避難誘導を行う設備です。火災報知器や非常ベルが大きな音で非常事態が起きていることだけを知らせる装置なのに対し、非常用放送設備はいま何が起こっていて、安全な避難経路はどこか、ということを音声で伝える役割を担っています。

不特定多数の方が利用する大きな施設では、火事が起こっても現場から離れていれば気がつかないということも珍しくありません。しかし、非常ベルや警報装置で緊急事態が起こっていることが分かっても、避難経路が分からなければパニックが起こって二次災害が発生する恐れがあります。

そのため、非常用放送設備を用いて、音声で人々に事態の説明や避難経路を教えることで、安全に避難を行うことが大切です。

非常用放送設備の構成

非常用放送設備は、起動装置・表示等・スピーカー・増幅器・操作装置で構成されています。業務用の放送設備と非常用放送設備を兼用すればよいのではないか、という意見を持つ方もいるかもしれませんが、非常用放送設備は消防法によって独自の設置基準が定められているため、それぞれ独立した設備が必要です。また、非常用放送設備は、電気が使えない状況でも放送しなければならないため、非常用の電気配線などから電源を取っておくといいでしょう。

02. 非常用放送設備の
設置基準について

非常用放送設備は、以下のような場所で設置が義務づけられています。

  • 地下街
  • 準地下街(ビル等の地下が地下通路などに面している場所)
  • 地上11階以上・地下3階以下の建物
  • 収容員数が300・500・800人以上の防火対象物(学校・ホテル・商業施設・オフィスビルなど)

なお、非常用放送設備は必ず非常ベルや自動式サイレンと一緒に設置しなければなりません。

消防法改正と非常用放送設備

消防法は、平成6年に大幅な見直しが行われ、それに伴って、非常用放送設備の設置基準も改正が行われました。
現在は、

  • スピーカー基準:L・M・Sの3種類の基準が定められている
  • 測定音源:第2シグナル音を定格で入力
  • 設置基準:放送区域内のどの位置からも、10m以内にスピーカーがあるように設置する。また、放送区域の広さに応じてスピーカーの種類を規定できる

といった基準が定められています。

非常用放送設備の設置と点検

非所用放送設備は、設置するだけでは意味がありません。定期的に点検や整備を行い、いつでも使用できるようにしておく必要があります。設置や整備は、消防設備士という資格を持つ人しか行うことはできません。無資格者でも点検等のアシストはできますが、無資格者が点検をしても消防法で定められた「定期点検」に該当しませんので、注意しましょう。

なお、消防設備士は取得した類によって、設置や点検・整備できる消防設備が限られます。ただし、消防設備の点検が行える消防設備点検資格者の資格を取得している場合は、取得した種の点検は行うことが可能です。消防設備点検資格者の資格については、後の項で詳しく解説します。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所