電験3種の資格

電験3種の資格取得後、
できるようになる職務は?
就職先も広がる?

第3種電気主任技術者(以下電験3種)は、電気主任技術者の資格区分の1つで、取得すれば事業用電気工作物の保安業務を行うことができます。電気関係の資格の中では最も難易度が高く、需要も多いので資格取得を目指している方も多いことでしょう。
今回は、電験3種の資格保持者ができることや仕事内容などを解説します。

この記事を読めば、試験勉強のモチベーションもアップすることでしょう。電験3種の資格取得を目指している方は、ぜひ読んでみてください。

01. 01. 電験3種とは
どのような資格?

前述のとおり、電験3種は電気主任技術者の資格区分の1つです。電気主任技術者は、電気保安法に基づいて事業用電気工作物の保安業務を行うことができます。事業用電気工作物とは、高電圧の発電設備や変電設備・受電設備などで、これらのような電気工作物が事故を起こせば使用している施設だけでなく、付近にまで停電などの悪影響が出るでしょう。そのため、電気保安法によって定期的な自主点検が義務づけられています。

電気主任技術者は、自主点検を行うことができる資格です。有資格者以外が点検を行っても自主点検とはみなされません。そのため、電気主任技術者は事業用電気工作物を設置している施設や、事業用電気工作物の点検を請け負っている会社などから常に求人があります。
資格区分によって点検できる事業用電気工作物の規模が異なり、電験3種は、電圧が5万V未満の事業用電気工作物(出力5千kW以上の発電所を除く)保安業務が可能です。通常のオフィスビルや商業施設などの電気工作物はほとんど保安業務を行うことができます。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所