電験3種資格のポイント

電験3種の
問題集・テキストについて知りたい!
資格試験合格のポイントは?

オフィスビルや工場に設置されている高圧受電設備の保守・管理を行う代表的な資格の1つに、電験3種があります。電験3種の正式名称は、第3種電気主任技術者です。電気主任技術者だけができる仕事内容があり、高圧受電設備がある場所では必要な資格といえます。電験3種を取得するためには、問題集やテキストを利用して勉強しなければなりません。しかし、どの問題集・テキストを利用すればいいのか、悩む方も多いでしょう。そこで、本記事では、電験3種の内容や試験・問題集について説明します。

この記事を読むことで、電験3種の難易度や問題集などについて知ることができます。資格試験を考えている方は、ぜひ参考にしてください。


01. 01. 電験3種について

電験3種の資格試験について知る前に、基礎知識を深めておかなければなりません。ここでは概要・職務・資格のメリットについて説明します。

1-1.電験とは

電験の正式名称は、電気主任技術者です。電気主任技術者とは、事業用電気工作物の工事や維持および運用にかんする保安の監督を担当します。電気事業法に基づき、電気事業場の責任者が電気保安のために配置しなければなりません。電気事業法43条1項によると、「事業用電気工作物を設置する者は、事業用電気工作物の工事・維持および運用にかんする保安監督をさせるため、免状を受けている者から主任技術者を選ばなければならない」と記しています。電験は、事業用電気工作物の運用に必要不可欠な資格です。

1-2.電験3種とは

電験3種とは、第3種電気主任技術者のことです。電気主任技術者には、第1種・第2種・第3種があり、それぞれの資格によって取り扱うことができる電圧が異なります。各資格が取り扱える電気工作物の電圧を、以下にまとめてみました。

  • 第1種:すべての事業用電気工作物
  • 第2種:電圧が17万ボルト以内の事業用電気工作物
  • 第3種:電圧が5万ボルト以内の事業用電気工作物(出力5,000キロワット以上の発電所をのぞく)

電験3種は、資格試験の中でも下位にあたり、受験しやすい資格といっても良いでしょう。ただし、電験3種が取り扱える電気工作物は限られているので要注意です。

1-3.職務について

主な職務は、オフィスビルや工場に設置している高圧受電設備などの電気工作物を保守・管理することです。電気事業法において、高圧受電設備は定期的な点検が義務づけられています。点検は誰でもできるものではなく、電験の資格を取得している者だけが行える内容です。基本的に、専任された主任技術者は、経済産業省に届け出た保安規定の内容に沿って、業務を行うことになります。

1-4.資格のメリット

電験の資格取得者だけが行える仕事内容があるため、資格取得のメリットはとても大きいものです。日本の法律で、高圧受電設備の保守・管理が義務づけられていることから、仕事がなくなる状態にはなりません。実際に、現在は、電気主任技術者の数が不足しています。電力インフラの整備がすすんでいることもあり、今後も需要が高まるでしょう。資格を取得すれば、就職・転職はもちろんのこと、資格手当などの給与面にもメリットが生まれます。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所