電験・エネ管は 同時取得が可能? その方法とメリットは?

電験・エネ管は 同時取得が可能? その方法とメリットは?

電気主任技術者(以下電験)とは、事業用電気工作物の保安監督業務を行うことのできる資格です。エネルギー管理士(以下エネ管)とは、一定以上のエネルギーを使用する工場のうち、製造業・鉱業・電気供給業・ガス供給業・熱供給業を行っている場所に選任が義務づけられています。この2つの資格は試験科目に共通することが多いため、同時に取得したいと考えている方もいることでしょう。実際に両方の試験勉強をして、同時期に取得したという方もいます。

そこで、今回は電験とエネ菅を取得する方法や、同時取得を目指す場合の方法などを解説しましょう。

この記事を読めば、試験対策もバッチリです。電験やエネ管の資格取得を目指す方は、ぜひ読んでみてくださいね。

01. 01. 電験・エネ管の
基礎知識

はじめに、電験やエネ管の職務や、有資格者を必要としている職場などを解説します。取得するとどのような仕事を行うことができる資格なのでしょうか?

電験とはどのような資格?

電験とは、事業用電気工作物の保安監督業務を行うことができる資格です。事業用電気工作物とは、高電圧の受電設備などのことで、電気事業法に基づき定期的な自主点検が義務づけられています。この定期点検は、電験の有資格者しか行うことができません。そのため、電験の有資格者を必要としている職場は、工場・発電所・変電所・オフィスビル・商業施設など豊富です。

電験には1種~3種まであり、それぞれ以下のように取り扱える事業用電気工作物の種類が決まっています。

  • 第1種:すべての事業用電気工作物
  • 第2種:電圧が17万V未満の事業用電気工作物
  • 第3種:電圧が5万V未満の事業用電気工作物(出力5千kW以上の発電所を除く)

エネ管とはどのような資格?

エネ管とは、エネルギー使用の合理化や省エネ化を推進する活動を行うための資格です。具体的には、電気・燃料等の使用方法の改善や、電気や燃料を消費する器具が適正に使えているかどうか監視を行います。場合によっては、設備の入れ替えを所有者に提言することもあるでしょう。
エネルギー管理士は、熱管理士と電気管理士の2種類があります。また、前述のとおり、原油3,000キロリットル、電気1,200万kW以上を消費する工場のうち、製造業・鉱業・電気供給業・ガス供給業・熱供給業を行っている場所に選任が義務づけられている資格です。

ちなみに、電験と共通項目が多いのは電気管理士の方であり、熱管理士との共通項目はほとんどありません。電気管理士は電気設備の管理を行い、熱管理士の方はボイラーなどの熱発生源の監視や管理を行います。

電験を取得するメリット

前述のとおり、電験の有資格者を必要としている職場はたくさんあります。資格の中には、最高位を取得していないと活用できないものもありますが、電験は3種を取得していれば十分に活用可能です。また、電験の資格を活用して行う仕事は定年を迎えても続けることができるので、長く働きたいという方にもピッタリでしょう。
資格を取得していれば、未経験でも問題ないという職場もあります。

エネ管を取得するメリット

前述のとおり、エネ管は一定以上の電力や熱を消費する工場には選任が義務づけられています。そのため、資格を取得していれば転職や就職に有利です。また、エネ管の免状を交付してもらうには1年以上の実務経験が必要になります。そのため、エネルギーの合理化や省エネ化の技術を取得していることの証明にもなるでしょう。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所