電気通信工事

電気通信設備工事担任者って
どんな資格?
試験のコツや勉強法も伝授!

今は、インターネット全盛期とも言える時代です。インターネットの通信技術向上は、私たちのくらしを便利で楽しいものにしてくれています。インターネットを快適に使うことができるのも、電気通信設備の設立やメンテナンスが適切に行われているからなのです。今回は、電気通信設備工事に深くかかわりのある「電気通信設備工事担任者」について、詳しく解説します。電気通信設備工事担任者として働くことや、資格取得を考えている人は、必見です。

この記事を読むことで、電気通信設備工事担任者にかんする基本が身につき、資格取得に向けて適切な準備を進めることができるようになります。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

01. 01. 電気通信設備工事担任者とは

最初に、電気通信設備工事担任者の基礎知識を学びましょう。どんな資格かをはじめ、関連法律や必要性について解説します。

1-1.電気通信設備工事担任者とはどんな資格か

電気通信設備工事担任者は、電気通信設備にかんする工事に必要な知識を持ち、工事の実施や保全を行うための資格です。工事担任者と略して呼ぶこともあります。通信インフラの目覚ましい発展にともない、昭和60年にできた資格です。電気通信設備工事担任者は、今後も通信ネットワーク技術を裏で支える立場として期待が高まっています。

1-2.電気通信設備工事担任者に関連する法律

電気通信設備工事担任者は、電気通信事業法に基づいた資格です。電気通信事業法は、電気通信事業にかんする決まりごとを定めた法律で、通信回線の公共性を考え、利便性の向上や技術の発達・正しい運用を促進する目的があります。細かな内容にかんしては、時代背景に即して随時改定が入るため、適宜チェックし対応できるようにしましょう。

1-3.電気通信設備工事担任者の必要性

企業や一般家庭においては、電話回線やインターネット回線にかんして、適切な配線および設備の設置や保守を行うことができる人材が必要です。間違った配線を行うと通信不可になり、大きな影響や不便を与えます。電気通信設備工事担任者は、高い専門知識を有し、通信インフラを快適な状態に整え、維持するために必要性が高い資格なのです。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所