電気の設計に関する資格を取得したい!どのような資格があるの?

電気の設計に
関する資格を取得したい!
どのような資格があるの?

電気の設計とは、電気回路や電気設備や配線に関する図面を製作し、実際に工事・開発・整備・修正等を行う資格です。電気の設計にかかわる仕事に就くには、電気関係の資格や建築関係の資格を取得することが必要になります。電気関係の資格は取得しておくと就職や転職に大変有利になるため、資格取得を目指している方も多いことでしょう。

そこで、今回は電気の設計に関する解説と、各種資格を取得する方法について紹介します。

この記事を読めば、電気関係の資格の種類や各資格を取得するメリットなども、よく分かるでしょう。電気工事士などの資格取得を目指している方は、ぜひ読んでみてくださいね。

01. 01. 電気設計とは
どのような仕事?

はじめに、電気設計に関する基礎知識を解説します。どのような仕事なのでしょうか?

電気設計とは?

前述のとおり、電気設計とは電気回路や電気設備を設計し、実際に開発をしたり設置工事を行ったりすることです。電気は私たちの生活になくてはならないものの一つであり、電気設計が正しく行われていないと非常に使いにくい建物ができることもあるでしょう。また、電気設計の知識がなければ電気工作物(電気事業法や電気工事士法における、電気設備などの呼び名)の整備や点検も行えません。

電気設計自体を行うための特別な資格はありませんので、電気の知識があれば図面作成などの仕事は行うことが可能です。

電気設計と資格

電気設計を行い、自分で工事を行うには電気工事士という資格が必要です。また、電気工事の中には電話線工事などの通信設備の仕事もあります。さらに、電気工事士たちを束ね、施工管理などを行う仕事も大切です。電気設計にかかわる資格としては、以下のようなものがあります。

  • 電気工事士:電気工事を行うことができる資格、一種と二種がある。
  • 電気工事施工管理技士:高層ビルなど大規模な工事現場で、電気工事の施工管理や安全管理・技術者の監督などを行う。1級と2級がある。
  • 電気主任技術者:高電圧の受電設備など事業用電気工作物の保安監督業務を行う。第一種~三種まである。
  • 技術士(電子電気):技術士の資格区分の一種であり、エンジニアとして技術開発などを行う。
  • 電気通信主任技術者:通信ネットワークの工事や維持・運用を行う。

これに加えて、一級建築士や建築設備士なども建物の電気設計にかかわることがあるでしょう。

電気設計を行う仕事について

電気設計を行う職場は、電気設備を製造するメーカー・建築現場・設計事務所などがあります。この中でも建築現場は、電気配線の設計をして、自分で工事を行うことも多いことでしょう。また、電気工作物の保安監督業務は電気設計の仕事ではありませんが、その知識は必要です。電気工事も、電気工作物の設計に関する知識がなければ行えない仕事がたくさんあります。

資格を取得するメリット

電気に関する設計をするための必要な資格はありません。電気関係の仕事をするために必要な資格を取得し、仕事をして行くうちに設計の仕事をする、ということが多いでしょう。また、電気に関係する大学・短大・専門学校などを卒業し、電気設備を製造するメーカーに就職しても、設計の仕事をすることができます。

電気関係の資格を取得していれば、仕事の幅が広がることでしょう。たとえば、電気工事士の資格を取得していれば設計と工事の両方を行うことができます。電気関係の資格試験は受験資格が定められていないものが多いので、ほかの業界から電気関係の仕事へ転職する際も役立つことでしょう。資格ありとなしでは、給与なども異なります。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所