電気設備

電気設備の法定点検について
詳しく知りたい!
点検できる資格は?

電気設備とは、受電設備や配線などの総称です。一般家庭の電気設備を一般用電気設備、工場や不特定多数の人が使用する場所で使われる電気設備を、事業用電気設備と言います。電気設備は正しく使わなければ、火災や停電などの重大な事故が起こるかもしれません。そのため、事業用電気設備は法律によって保安規定が定められています。電気関連の仕事をしている人の中には、法律で定められた点検を行うことのできる資格を取得するため、勉強に励んでいる方もいるでしょう。
今回は、電気設備の法定点検や点検ができる資格、その取得方法などを解説します。

この記事を読めば、電気設備の点検ができる資格を取得する方法なども、よく分かるでしょう。電気関係の資格を取得したいと考えている人も、ぜひ読んでみてくださいね。

01. 01. 電気設備とは
何か?

前述のとおり、電気設備とは、電気を使用する設備や配線など、建物や施設で使う電気関係設備の総称です。電気事業法では、一般家庭や小規模な商店などに設置されている電気設備を一般用電気工作物、工場や大型商業施設などに設置されている大規模受電設備などを、事業用電気工作物として区別しています。
なお、事業用電気工作物の中でも、

  • 7000V以下で受電する需要設備
  • 出力1000kW未満の発電所(原子力発電所を除く)
  • 600V以下の配電線路を管理する事業場

以上の3つは自家用電気工作物と呼ばれ、区別されているのです。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所