電気工事士の資格を活用して就職・転職する方法

電気工事士の資格を活用して
就職・転職したい!
そのための方法は?

電気工事士とは、電気工事を行うことのできる国家資格です。水道工事やガス工事とは異なり、電気工事は有資格者しか工事を行うことはできません。そのため、常に建設会社から一定の求人があります。転職や就職に有利な資格として、学生だけでなく社会人にも人気です。

そこで、今回は電気工事士の就職や転職について解説しましょう。

この記事を読めば、電気工事士のキャリアアップ方法もよく分かりますよ。電気工事士の資格取得を目指している方も、ぜひ読んでみてくださいね。

01. 01. 電気工事士を
求めている職場は?

電気工事士の職場というと、電気工事を行っている電力会社や建設会社に就職して工事を行うというイメージを持っている方も多いことでしょう。もちろん、電力会社や建設会社で働いている電気工事士の方もたくさんいますが、この他にも、

  • 家電量販店で家電の取り付け工事を行う
  • ビルメン(ビルメンテナンス業務)で、電気設備の修理や整備を行う
  • 独立して幅広い電気工事を請け負う

といった仕事をしている方もいます。つまり、ビルメンの会社や家電量販店などからも有資格者の求人があるでしょう。また、実務経験を積むと監督業務などを行えるようになります。すると、昇進や昇給も期待できるでしょう。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所