電気工事のエキスパート電気工事士を取得するための試験対策は?

電気工事のエキスパート
電気工事士を取得するための
試験対策は?

電気工事士とは、一般住宅や様々な施設で電気工事を行うことができる資格です。電気工事士の有資格者でなければ、どんな小さな電気工事も行うことはできません。電気工事士の資格を取得することができれば、建築現場などで働けるのはもちろんのこと、ビルメンテナンス業界などでも活躍できます。特に、第二種電気工事士は受験資格がいらないので、全く畑違いの分野で働いている方も挑戦可能です。

そこで今回は、電気工事士の資格を取得する方法と試験対策についてご紹介しましょう。

電気工事士の試験対策をしっかりとすれば、より合格しやすくなります。電気工事士の試験に興味がある方や試験にチャレンジしようと思っている方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

01. 01. 電気工事士とは
どのような資格?

はじめに、電気工事士の資格概要や就職先や取得するメリットなどをご紹介します。取得することでどのような電気工事ができるようになるのでしょうか?

電気工事士の資格概要

電気工事士とは、建物や屋外設備の配線設備工事や配線の修理工事・メンテナンスなどを行うことができる資格です。電気の配線工事は、建物を建てるときやリフォームする場合は必ず行われます。また、電気設備のメンテナンスも重要です。ですから、電気工事士の資格を取得していると、建築関係の仕事や電気設備関係の仕事、さらにビルのメンテナンス業界でも活躍できます。

電気工事士の種類

電気工事士には、一種と二種があります。二種は、一般用電気工作物の電気工事に従事できる資格であり、一種はそれに加えて最大500キロワット未満の需要設備の電気工事作業を行うことができる資格です。

電気工事士は一種・二種とも受験資格がありません。性別・年齢・国籍問わずに受験を受けることができます。ただし、受験に合格した後に交付手続きが必要です。その際、第一種電気工事士は電気工事の実務経験が5年以上ないと交付されません。ですから、試験に合格しても未経験者では第一種電気工事士として働くことはできないのです。そのため、未経験者が第一種電気工事士を取得したい場合、第二種電気工事の資格を取得してから実務経験を積み、第一種電気工事士の資格を取得することになります。

電気工事士を取得する方法

電気工事士の資格を取得する方法は、大きく分けて2つあります。1つは試験を受けて合格する方法。もう一つは、第二種電気工事士の場合、経済産業大臣認定を受けた電気工事士二種の養成学校を卒業する方法です。また、電気関係の大学や短大・専門学校で定められた単位を取得した場合、第一種電気工事士の交付を受けるための条件である実務経験が5年から3年に短縮されます。

資格を取得するメリット

電気工事を無資格者が行うのは違法です。ですから、電気工事を行っているすべての場所で需要があります。また、建築業界で働いている場合、電気工事士の資格を取得すればできることが増えて所得アップにつながるでしょう。ビルメンテナンス業界では、電気工事士の資格を持っている方を優先して採用する会社もたくさんあります。また、電気工事士の資格を習得して実務経験を積むと、認定電気工事従事者や特殊電気工事資格者などの認定を受けることができ、仕事の幅も広がるでしょう。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所