電気の保安業務従事者の職務は? 資格取得の方法や勉強方法を徹底解説!

電気の保安業務従事者の職務は? 資格取得の方法や勉強方法を徹底解説!

電気は私たちの生活になくてはならないものです。電気がなければ私たちの生活は成り立ちません。その一方で、電気設備の故障やトラブル・漏電事故などが起こると大きな被害が出ます。そのため、オフィスビルや商業施設など電気をたくさん使う場所や発電所・変電所は、電気系統のトラブルが起こらないように定期的に電気設備の自主点検が義務づけられているのです。

そこで、今回は電気設備の点検や保安業務を行える電気の保安業務従事者について解説します。

電気の保安業務従事者になれば、転職や就職などにも有利です。今回は保安業務従事者になるために必要な資格の取得方法も解説しますので、保安業務従事者になりたいという方も、ぜひ読んでみてくださいね。

01. 01. 電気の保安業務の
基礎知識

はじめに、電気の保安業務従事者の概要や職務、保安業務従事者になるために必要な資格などを紹介します。どのような職務を行う仕事なのでしょうか?

電気の保安業務とは?

電気の保安業務とは、電気事業法に基づいて事業用電気工作物の点検業務などを行うことです。事業用電気工作物は高電圧の受電設備や発電・変電設備などで、オフィスビルや大規模な商業施設・発電所・変電所・学校・病院などに設置されています。電気設備を定期的に点検し、整備すれば事故も起こりにくくなるのです。

なお、電気の保安業務は電気主任技術者という資格を取得していなければ行えません。電気主任技術者については、次の項で詳しく説明しましょう。

電気主任技術者について

前述のとおり、事業用電気工作物の保安業務を行うには、電気主任技術者の資格が必要です。電気主任技術者には、第1種~第3種まであり、以下のように保安業務ができる事業用電気工作物の範囲が決まっています。

  • 第1種:すべての事業用電気工作物
  • 第2種:電圧が17万V未満の事業用電気工作物
  • 第3種:電圧が5万V未満の事業用電気工作物(出力5千kw以上の発電所を除く)

電気の保安業務と電気工事の違いについて

電気の保安業務とは、前述のとおり電気設備が正常に作動し続けるように点検や整備を行うことです。電気工事とは、施設内で電気を使うことができるように配線工事などを行ったり、不必要になった電気工作物を撤去したりする業務になります。電気工事を行うには、電気工事士という資格が必要です。また、電気の保安業務を行っている際に電気設備の故障を発見した場合は、電気工事士が工事を行って修理します。電気主任技術者の資格では、電気工事を行うことはできません。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所