資格取得のための勉強

資格取得のための
勉強にはコツがある!
欲しい資格をゲットするには?

資格取得のための勉強法を知りたいと思いませんか? 資格にはさまざまな種類があり、取得することで好きな仕事ができたり仕事をする上で有利になったりするでしょう。しかし、実際には難易度の高い資格もあり、取得するために大変な努力が必要なこともあります。「勉強の仕方が分からない」「時間がなくて勉強がすすまない」という人も多いのではないでしょうか。この記事では、資格の勉強に関する悩みごとや勉強方法のポイントなどを詳しくご紹介します。

この記事を読むことで、資格取得に向けた勉強法について分かるはずです。ぜひ参考にしてほしい資格を取得してください。

01. 資格について

まずは、資格の種類や資格取得のメリットなどをまとめました。資格には「国家資格」「公的資格」「民間資格」の3種類があります。

1-1.資格とは?

資格とは、特定の能力を持つことを示すものです。何かをするため、ある職に就くために必要な条件になる場合もあれば、仕事をする上で有利になることもあります。資格を取得するためには、試験に合格するなど一定の要件を満たす必要があるのです。

1-2.国家資格

国が法律に基づいて認定する資格のことです。取得者は、一定の水準以上の知識や技術を持っていると認められます。取得していれば社会的な信頼度が高いため、就職や転職の際にも有利になるでしょう。国家資格には以下のようなものがあります。

  • 業務独占資格:医師・看護師・薬剤師・建築士・美容師・公認会計士・弁護士など
  • 名称独占資格:介護福祉士・社会福祉士・保健師・栄養士・マンション管理士など
  • 必置資格:宅建士・衛生管理者・電気主任技術者・危険物取扱者など

1-3.公的資格

文部科学省や経済産業省などの官庁や大臣が認定する資格のことで、国家資格と民間資格の中間に位置します。信用度が高く公的に通用する資格も数多くあり、国家資格に準ずる資格といえるでしょう。

1-4.民間資格

団体や企業が試験を行い、認定する資格です。国家資格のように法律の規定などはなく、さまざまな資格が存在します。認知度の高いものから社会的な評価がほとんど得られないものまで幅広くあるため、事前にしっかりと調べておく必要があるでしょう。

1-5.資格を取るメリットとは?

資格を取得するメリットには、以下のようなものがあります。

  • 専門知識を身につけることができる
  • 特定の資格を有することが条件の仕事にも就くことができる
  • 就職や転職に有利
  • 企業によっては資格手当がつく
  • スキルアップになる

1-6.人気のある資格について

近年、特に人気が高い資格をご紹介しましょう。

  • 宅建士
  • 簿記
  • 介護福祉士
  • 行政書士
  • 電気工事士
  • 消防設備士

特に、電気工事士や消防設備士など技術系の資格は、40~50代の男性に人気の資格となっています。転職や再就職に有利になるため、取得する人が増えてきているのです。

02. 資格の勉強について

資格取得に向けた勉強について、よくある悩みごとや勉強方法のポイントをまとめました。

2-1.よくある悩みごと

資格の勉強をするにあたってよくある悩みとして「時間がない」というものがあるでしょう。社会人になると学生のころと違い、まとまった時間を作るのが難しくなります。仕事の合間に勉強しなければならないため、勉強を習慣化できずに悩んでいる人も多いでしょう。また、勉強をするのが久しぶりなため、なかなか感覚を取り戻すことができないという悩みもあるはずです。もちろん、難易度が高い資格試験を受ける場合は、「難しくて理解するのに時間がかかる」「モチベーションが上がらない」という悩みもつきものだと思います。

2-2.勉強のスタイルについて

資格試験のための勉強スタイルにはさまざまなものがあります。それぞれのメリットとデメリットをご紹介しましょう。

2-2-1.独学

スクールに通ったり講習を受けたりせず、自分で勉強をすすめるスタイルです。最大のメリットは、お金をかけずに済むという点でしょう。参考書や問題集を購入する必要はありますが、通信講座などに比べるとずっと安く済みます。また、自分のタイミングで勉強ができるため、ストレスがたまりにくいという点もメリットでしょう。その反面、「分からない問題があっても聞けない」「モチベーションが持続しにくい」というデメリットもあります。独学で勉強をするのであれば、相当な覚悟と決意が必要になるでしょう。

2-2-2.講習を受ける

資格試験の対策講習を受ける方法もあります。インターネットで「受けたい資格試験の名称・講習」で検索してみると、さまざまな講習会が見つかるはずです。講習を受けるメリットは、試験対策がしっかりとできるという点でしょう。過去の出題傾向や難易度なども知ることができるため、効率的に勉強ができるはずです。もちろん、お金がかかるというデメリットはあります。自分で講習会を探さなければならないため、手間に感じる人もいるでしょう。

2-2-3.通学する

予備校などの通学講座を利用する方法もあります。最大のメリットは、仲間ができるという点でしょう。同じ目標を持つ仲間がいることは、モチベーションを維持するためにも大切なことです。また、勉強のペースをつかみやすいため習慣化しやすいというメリットもあります。ただし、通学するための時間がかかってしまうため、仕事などが忙しいと通いづらいという問題もあるでしょう。受講料に加えて交通費もかかるため、独学に比べるとお金が必要になります。

2-3.勉強方法のポイント

資格試験の勉強を効率的に行うためのポイントをご紹介します。

2-3-1.勉強時間を確保する

資格試験の勉強をする上で最も重要なのが「勉強時間の確保」です。忙しい毎日の中で1日どのくらい、どの時間帯で勉強時間を確保できるのか考えてみましょう。おすすめなのは、先にスケジュールを立ててしまうことです。1日のスケジュールの中で、どの時間帯に勉強時間を組み込むことができるのか計画してみてください。

2-3-2.環境作りをする

勉強に集中できる環境作りも大切です。以下のポイントを参考にして勉強しやすい環境をつくり出してみましょう。

  • テレビや本、パソコンなど勉強の妨げになるものを置かない
  • 机は適度に広いものを使う
  • 椅子は座り心地のよいものを選ぶ
  • 精神が落ち着く「青」をデスク周りのアイテムに取り入れる

「家だと誘惑が多くて集中できない」「人がいたほうがやる気が出る」という人は、カフェで勉強するのもおすすめです。通勤前や帰宅途中、休日などにカフェに立ち寄り、集中して勉強してみるとよいでしょう。

2-3-3.モチベーションアップの方法を考える

資格の勉強はモチベーションの維持が難しいといわれています。せっかくスケジュールを立てても、実際には予定どおりにいかないという人も多いでしょう。そこで、モチベーションを高めるための方法を考えてみる必要があります。まずは、なぜその資格を取ろうと思ったのか、理由や動機を明確にしてください。そして、小さな目標を立てて達成することを習慣化することです。目標が大きすぎるとゴールが遠すぎてやる気も失(う)せてしまいます。達成することの喜びを感じることで、モチベーションも長続きするのではないでしょうか。

2-4.注意点

仕事をしながら資格取得を目指す場合、すき間時間を有効活用することが何よりも大切です。机に向かっているときだけが勉強時間ではなく、通勤中などの移動時間も勉強することはできます。たとえば、机に向かって勉強できる時間は問題集を解き、移動中などのすき間時間は参考書を暗記するなど、場所によって勉強方法を変えることも考えてみましょう。

03. 資格取得におすすめの勉強法

資格取得に向けたおすすめの勉強法や教材の選び方などをご紹介します。

3-1.おすすめの勉強法とは?

資格試験の勉強は、主に「テキストを読むこと」と「問題集を解くこと」でしょう。しかし、この2つをひたすらやっていても時間がかかるだけで、途中でモチベーションが維持できなくなってしまいます。そこで、勉強法のコツをいくつかご紹介しましょう。

  • 得意なことから手をつけていく
  • 過去問題を先に解いて理解度を把握する
  • 正解できた理由を考えてみる
  • 過去問題集だけでなく、予想問題集も使う
  • 間違った問題だけを集めたノートを作る

3-2.教材の選び方

よい教材の選び方にはコツがあります。より使いやすいものを選ぶために、以下のポイントを参考にしてください。

  • イラストや絵・図表が程よく入ったもの
  • 各分野が1冊にまとまっているもの
  • 500~600ページ程度の程よい分量のもの
  • 著者がその資格の保有者であるもの

また、問題集はできるだけ参考書と対になったものを選ぶようにしてください。最低でも過去問題が5年分以上掲載されているものがおすすめです。

3-3.注意点

受験勉強にやりすぎは禁物です。ストレスを感じながら勉強しても効率的にすすまないため、程よく気分転換をしながら楽しんで勉強できる方法を考えてみてください。特に、睡眠時間を大幅に削ってまで無理をしないことです。また、初めて資格試験を受けるという人は、まずいろいろな情報を集めることをおすすめします。技術系の資格について勉強するのであれば、ぜひこちらのサイトを参考にしてみてください。

04. 資格の勉強に関するよくある質問

「資格取得のための勉強について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.資格試験は誰にでも受けることができるのですか?
A.試験によって受験資格があります。受験資格が特になく、誰にでも受けられる資格もあるため、事前に確認しておきましょう。

Q.資格取得のために予備校に通おうと思います。選び方のポイントを教えてください。
A.実績はあるか、通いやすい場所にあるか、自分に合った授業内容であるかをしっかりと確認して選ぶようにしましょう。

Q.資格の勉強にストレスを感じたときの発散法としておすすめなのは何ですか?
A.ストレッチや軽い散歩などをしてみるとよいでしょう。また、いつも決まった場所で勉強している人は、たまに場所を変えてみるのも気分転換になっておすすめです。

Q.資格試験に向けたスケジュールの立て方を教えてください。
A.試験日から逆算して、1か月単位、1週間単位で何をどこまで勉強するか決めていきましょう。試験当日までに何度も修正計画を立てることになると思いますが、突発的な事情に対応できる柔軟性が必要です。

Q.資格試験前日にしておくべきことを教えてください。
A.試験前日は緊張もピークなので、無理に勉強をしても意味がない場合もあります。試験会場までの道のりや持ちものを確認し、早めに就寝するのが一番です。

05. まとめ

いかがでしたか? 資格試験の勉強法について詳しくご紹介しました。資格を取得することは、スキルアップやキャリアアップにもつながります。視野を広くして働くためにも、必ずメリットになるはずです。「時間がなくて勉強ができない」「今さら勉強する自信がない」という人も、ぜひこの記事を参考にして資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所