資格取得のための勉強

資格取得のための
勉強にはコツがある!
欲しい資格をゲットするには?

資格取得のための勉強法を知りたいと思いませんか? 資格にはさまざまな種類があり、取得することで好きな仕事ができたり仕事をする上で有利になったりするでしょう。しかし、実際には難易度の高い資格もあり、取得するために大変な努力が必要なこともあります。「勉強の仕方が分からない」「時間がなくて勉強がすすまない」という人も多いのではないでしょうか。この記事では、資格の勉強に関する悩みごとや勉強方法のポイントなどを詳しくご紹介します。

この記事を読むことで、資格取得に向けた勉強法について分かるはずです。ぜひ参考にしてほしい資格を取得してください。


01. 資格について

まずは、資格の種類や資格取得のメリットなどをまとめました。資格には「国家資格」「公的資格」「民間資格」の3種類があります。

1-1.資格とは?

資格とは、特定の能力を持つことを示すものです。何かをするため、ある職に就くために必要な条件になる場合もあれば、仕事をする上で有利になることもあります。資格を取得するためには、試験に合格するなど一定の要件を満たす必要があるのです。

1-2.国家資格

国が法律に基づいて認定する資格のことです。取得者は、一定の水準以上の知識や技術を持っていると認められます。取得していれば社会的な信頼度が高いため、就職や転職の際にも有利になるでしょう。国家資格には以下のようなものがあります。

  • 業務独占資格:医師・看護師・薬剤師・建築士・美容師・公認会計士・弁護士など
  • 名称独占資格:介護福祉士・社会福祉士・保健師・栄養士・マンション管理士など
  • 必置資格:宅建士・衛生管理者・電気主任技術者・危険物取扱者など

1-3.公的資格

文部科学省や経済産業省などの官庁や大臣が認定する資格のことで、国家資格と民間資格の中間に位置します。信用度が高く公的に通用する資格も数多くあり、国家資格に準ずる資格といえるでしょう。

1-4.民間資格

団体や企業が試験を行い、認定する資格です。国家資格のように法律の規定などはなく、さまざまな資格が存在します。認知度の高いものから社会的な評価がほとんど得られないものまで幅広くあるため、事前にしっかりと調べておく必要があるでしょう。

1-5.資格を取るメリットとは?

資格を取得するメリットには、以下のようなものがあります。

  • 専門知識を身につけることができる
  • 特定の資格を有することが条件の仕事にも就くことができる
  • 就職や転職に有利
  • 企業によっては資格手当がつく
  • スキルアップになる

1-6.人気のある資格について

近年、特に人気が高い資格をご紹介しましょう。

  • 宅建士
  • 簿記
  • 介護福祉士
  • 行政書士
  • 電気工事士
  • 消防設備士

特に、電気工事士や消防設備士など技術系の資格は、40~50代の男性に人気の資格となっています。転職や再就職に有利になるため、取得する人が増えてきているのです。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所