衛生管理者の出張試験

【必見】衛生管理者の
出張試験とは?
概要・メリットなど詳しく解説!

衛生管理者は、職場の衛生管理を行うために必要な資格です。一定規模以上の事業所には、必ず衛生管理者を置く義務があるため、資格取得は就職や転職などに有利になり、人気があります。衛生管理者は、常時行われている試験会場以外にも、出張試験を実施中です。地方に住んでいる場合は、出張試験を利用すると便利でしょう。今回は、衛生管理者の出張試験について、概要やメリットなどを含め、詳しく解説します。

この記事を読むことで衛生管理者の出張試験に関する理解が深まり、資格取得に向けて適切な準備を進めることができます。まずは、記事を読んでみてください。


01. 衛生管理者とは

最初に、衛生管理者の職務や企業の選任義務・資格取得のメリットなど詳しく解説します。

1-1.衛生管理者とは?

衛生管理者とは、労働安全衛生法に基づき、労働者の衛生管理と病気の予防などを行うための資格です。事業所の衛生管理は医師だけでは手が回らないことから設置されました。衛生管理者には、第一種衛生管理者・第二種衛生管理者・衛生工学衛生管理者の3種類があります。なお、第二種は情報通信業、金融・保険業、卸売り・小売業など一定の業種の事業所に限られるので注意しましょう。建設業・製造業・電気業・ガス業など、有害業務が関連する事業所では、特例もしくは第一種の取得が必要です。第一種と第二種は、国家試験に合格することで取得できます。衛生工学衛生管理者を取得するには、特定の受講資格を得た人が厚生労働省認定の講座を受講し、修了することで可能です。

1-2.衛生管理者の職務

衛生管理者の主な職務は、以下のとおりです。

  • 労働者の危険や健康障害を予防に努める
  • 健康診断の実施および促進
  • 衛生安全教育の実施
  • 労働災害発生時の原因調査および再発防止対策の実施

1-3.衛生管理者の選任義務について

常時50人以上の労働者を使用する事業所では、労働安全法に基づき衛生管理者を選任する義務があります。要件を満たす資格取得者は、以下のとおりです。

  • 衛生工学衛生管理者免許取得者
  • 第一種衛生管理者免許取得者
  • 第二種衛生管理者免許取得者
  • 医師または歯科医師
  • 労働衛生コンサルタント
  • そのほか厚生労働大臣が定める者

また、労働者数によって選任するべき人数が異なります。詳しくは、以下を参考にしてください。

  • 50~200人:1人以上
  • 201~500人:2人以上
  • 501人~1,000人:3人以上
  • 1,001~2,000人: 4人以上
  • 2,001~3,000人: 5人以上
  • 3,001人~:6人以上

1-4.衛生管理者の資格取得のメリット

衛生管理者は労働者の衛生管理に関するエキスパートであるため、資格取得によって以下のようなメリットがあります。

  • 就職・転職に有利になる
  • 衛生管理の仕事の幅が広がる
  • 昇給・昇進につながる
そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所