衛生管理者資格の独学のコツ・勉強方法を徹底解説!

衛生管理者資格を
取得するポイント!
独学・勉強のコツを徹底解説!

衛生管理者とは、従業員が健康で衛生的に仕事ができるように職場環境を整える職務を担うことのできる資格です。業種を問わず50人以上従業員が所属している事業所では、有資格者の選任が義務付けられています。大企業になるほど需要が高い資格のため、取得していると転職や就職する際、有利に働くことも多いでしょう。

そこで今回は、衛生管理者の資格を取得するメリットや資格を取得する方法・勉強法などをご紹介します。

勉強のコツが分かれば、1回の試験で合格出来る確率もアップするでしょう。衛生管理者の資格に興味がある方や資格取得にチャレンジしてみたい方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

01. 01. 衛生管理者とは
どのような資格

はじめに、衛生管理者とはどのような資格なのかということをご紹介します。どのような職務があるのでしょうか?

衛生管理者とは?

衛生管理者とは、前述したように従業員が50人以上所属している職場には選任が義務付けられている資格です。業種や従業員の勤務体形態は問われません。パートやアルバイトが49名に正社員が1名といった職場にも選任が義務付けられています。また、従業員のほとんどが外部に派遣されており、事業所には責任者しかいないという事業所でも従業員が50名以上所属していれば選任が必要です。ですから、規模の大きな会社ほどたくさんの衛生管理者が必要になります。

衛生管理者の職務は、従業員が健康で衛生的に仕事ができるように職場環境を整えることです。代表的な仕事は、週に1度の職場巡視と健康診断・ストレスチェックの実施や管理になります。必要ならば、経営者に職場改善を訴えたり従業員と産業医の橋渡しをすることも大切な仕事です。

衛生管理者の種類

衛生管理者には、一種と二種があります。第一種衛生管理者は、すべての職場で衛生管理の職務に就くことが可能です。第二種衛生管理者は、通信業や金融業・小売業など比較的危険度の低い職場で衛生管理を行うことができます。

衛生管理者と間違えやすい仕事

職場によっては、総括衛生管理者や元方衛生管理者といった職務を設置しなければならないこともあります。総括衛生管理者というのは、衛生管理者を管理する役目を担う役職です。衛生管理者は50人以上従業員が所属している事業所に選任が必要ですが、従業員が増えれば衛生管理者の人数も増えていきます。管理者ですから工場長などの責任ある役職の人が就き、衛生管理者の資格は必要ありません。

元方衛生管理者は、統括安全衛生責任者を選任した事業所のうち建設業に属する事業を行っている事業所が選任しなくてはならないものです。労働災害を予防するための職務を行います。大学・短大・高専・高校で理系系統の定められた課程を修めた方で、一定期間安全管理の実務経験を積んだ人でなければ選任できません。衛生管理者の資格は必要ありませんが、統括安全衛生責任者講習などの講習を受けている方が望ましいといわれています。

衛生管理者の就職や転職情報

衛生管理者は、50人以上が所属している事業所には必ず選任が必要です。また、複数の事業所の衛生管理を1人の有資格者が兼ねることはできません。必ず1事業所に1人が必要になります。そのため、大企業ほど需要が高いでしょう。また、衛生管理者の資格は薬剤師や保健師の資格を取得していると、各自治体の労働基準監督署に届出を出せば無試験で資格が取得できます。保健師は2014年度から義務化されたストレスチェックの実施者になれるので、保健師と衛生管理者両方の資格を持っている方はより就職や転職に有利です。

なお、衛生管理者は理学系の大学を修了していると、厚生労働省が定める講習を受講して修了試験に合格すれば取得できます。講習の受講資格を得ている学生は、取得しておいて損はないでしょう。

衛生管理者の仕事は、年々重要度を増してきています。特に、2014年にストレスチェックが実施されるようになってからは従業員のメンタルヘルスの状態を確かめることも大切な仕事になりました。長年衛生管理の仕事に就いてきた方ならば年齢が上がっても色々な企業から求められることでしょう。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所