給油取扱所の基準について知りたい!他の取扱所との違いは何?

給油取扱所の
基準について知りたい!
他の取扱所との違いは何?

給油取扱所とは、車などに危険物を給油する施設であり、一般的にはガソリンスタンドと呼ばれています。ガソリンスタンドで働きたいので危険物取扱者の資格を取得したい、という方もいることでしょう。危険物取扱者の資格試験には、給油取扱所についての問題も出題されます。

そこで、今回は給油取扱所の基準や危険物取扱者の資格取得方法などを解説しましょう。

この記事を読めば、危険物取扱者の試験対策もバッチリです。危険物取扱者の資格取得を目指している方は、ぜひ読んでみてくださいね。

01. 01. 危険物とは
どのような物質?

危険物とは、消防法で貯蔵方法や取り扱い方法が規制されている物質の総称です。物質そのものが強い可燃性だったり(可燃物)、酸素供給源になって火災をより大きくする恐れがある物質だったりして(支燃物)、以下のような6種類に分類されています。

  1. 酸化性固体
  2. 可燃性固体
  3. 自然発火性物質および禁水性物質
  4. 引火性液体
  5. 自己反応性物質
  6. 酸化性液体

危険物にはそれぞれ「指定数量」が定められており、それを超える量を扱ったり貯蔵したりしている施設では、危険物取扱者の資格が必要です。また、自治体によっては独自の条例によって、指定数量未満でも危険物取扱者の選任を義務づけているところもあります。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所