第一級陸上特殊無線技士の資格を取得したい!取得方法・勉強方法は?

第一級陸上特殊無線技士の
資格を取得したい!
取得方法・勉強方法は?

第一級陸上特殊無線技士とは、無線従事者の資格区分の一種です。陸上にある無線局で、無線通信設備を技術的に操作する際に必要な資格であり、近年は特に携帯電話の基地局の増加によって需要が増加し続けています。資格取得を目指し、勉強に励んでいる方もいるでしょう。

今回は、第一級陸上特殊無線技士の資格取得の方法や勉強のコツなどを解説します。

この記事を読めば、第一級陸上特殊無線技士の有資格者が行える仕事や、資格の活用方法までよく分かるでしょう。第一級陸上特殊無線技士の資格取得を目指している方は、ぜひ読んでみてください。

01. 01. 無線通信と
無線従事者について

無線通信とは、電波を使って画像や音声をやり取りする通信手段のことです。テレビ・ラジオ・携帯電話・無線LANも無線通信の一種になります。無線通信に用いられる電波は、電波法という法律で厳密に周波数や空中電力が決められており、好き勝手に行うわけにはいきません。無線通信を行う基地局で無線機器を技術的に操作するためには、無線従事者の資格が必要です。
なお、1990年に電波法が改正されてからは、主任無線従事者の監督下ならば、無資格者でも限られた無線機器操作を行うことができるようになりました。しかし、モールス信号などは有資格者しか発信できないため、無線通信の仕事を行うためには資格を取得しておいたほうが何かと便利です。
無線従事者には総合・陸上・海上・航空・アマチュアの資格区分があるため、資格を取得したい場合は、それぞれの区分について下調べをしておきましょう。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所