空調工事に必要な資格

空調工事に
必要な資格が知りたい!
資格の種類や試験内容について

商業施設やオフィスビルなどには、大型の空調設備が整っています。空調設備は、定期的にメンテナンスするからこそ、正常に安全かつ安心に稼働し続けることができるものです。しかし、空調メンテナンスや工事をきちんとしていなければ、不具合や不調が起きてしまいます。また、空調工事をするためには、管工事施工管理技士などの資格が必要です。そこで、本記事では、空調やその工事の基礎知識・関係する資格・試験内容について説明します。

この記事を読むことで、空調工事について詳しく知り、関係する資格取得に必要な知識を身につけることができます。ぜひ参考にしてください。


01. 01. 空調について

空調工事に関連する資格を取得する前に、まずは、空調とはどんなものなのか知る必要があります。重要性や空調設備について詳しくチェックしておきましょう。

1-1.空調とは

室内空気の汚れを取りのぞき、温度・湿度を自動的に調節することを空調といいます。また、その装置や空気調節を指していることもあり、空気調和の略語でもあるのです。私たちが心地良い環境を実現するためには、温度・湿度・気流・空気の汚れなどを配慮しなければなりません。空調は、これらをきちんと配慮し、コントロールするためのものです。空調システムには、家庭用ルームエアコンやビル用マルチなどがあります。

1-2.重要性

オフィスビルや商業施設は、不特定多数の人物が出入りしますよね。行き交う人の数が多くなるほど、室内の空気が汚れやすく、室外と室内の温度の調節が難しくなりがちです。たとえば、夏場は、出入り口の扉が開く回数が多いほど、外からの熱気が中に入ってきます。そこで、空調管理をきちんと行うことで、心地良い環境を維持し続けることが可能です。逆に、空調管理が出来ていない場所では、室内の空気が汚れてしまい、その場にいる人たちの健康に悪影響を与えてしまいます。

1-3.空調設備はどんなものか?

空調設備は、空気調和をするための建築設備のことです。基本的に、熱源設備・熱搬送設備・空気調和設備の3つから構成しています。それぞれの特徴を以下にまとめてみました。

  • 熱源設備:ボイラー・冷凍機・吸収礼温水機・ヒートポンプ・蓄熱槽などで構成する冷温熱源
  • 熱搬送設備:機器から機器、または機器から室内へと熱を搬送するための配管やダクトなど
  • 空気調和設備:水・冷媒・蒸気・空気との熱交換を行う冷却・加熱コイルや加湿器・エアフィルター・送風機などで構成する

オフィスビルなどに設置されている空調設備は、各フロアにスイッチがある個別空調と、制御室で管理するセントラル空調の2種類に分かれています。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所