社会保険労務士の資格取得を目指す人必見! 試験概要や学習法を紹介

社会保険労務士の資格取得を目指す人必見! 試験概要や学習法を紹介

社会保険労務士の資格取得を目指している人、必見です。「社労士」と呼ばれることも多いこの資格は行政書士と同様の士業資格であり、将来独立開業という道も選択できます。社会的なニーズも高いことから、受験者数も多いのが特徴です。その多くが社会人であり、働きながら資格取得に向けて勉強をしている人がたくさんいます。難易度の高い試験に合格するためには、どのように勉強をすすめていけばよいのでしょうか。この記事では、社会保険労務士という資格について詳しくご紹介します。

この記事を読むことで、社会保険労務士の職務や種類・資格取得までの勉強法などがわかります。ぜひ参考にして、将来の安定を手に入れてください。

01. 01. 社会保険労務士とは?

まずは、社会保険労務士という資格についてご紹介します。

1-1.どんな資格なのか?

社会保険労務士は「人にかんするエキスパート」と呼ばれる国家資格です。労働や社会保険にかんする問題や人事にかんする諸問題に応じるのが主な役割となっています。試験に合格し、社会保険労務士名簿に登録されていることが、プロとして働く条件です。

1-2.根拠となる法律

社会保険労務士を準拠する法律として、昭和43年に制定された「社会保険労務士法」があります。業務の適正を図り、事業の発達と労働者の福祉向上を目的とした法律です。業務内容や試験制度・登録・団体などの規定が定められており、有資格者以外が業務を行うことは、社会保険労務士法違反となります。

1-3.呼び方について

社会保険労務士は「社労士」や「労務士」というように略称で呼ばれることもあります。単に長くて呼びにくいことからこのように略されるようになったということですが現在は名称の変更について全国社会保険労務士会連合会でも議論がなされているところです。また、ローマ字の頭文字を取って「SR」と置き換えられることもあり、社会保険労務士のバッジにもこの文字がデザインされています。

1-4.職務

主な職務には、以下のようなものがあります。

  • 健康保険・雇用保険・労災保険などへの加入・脱退・給付手続き
  • 労働者名簿・賃金台帳・就業規則などの作成
  • 人事配置・資金調整・企業内教育などのコンサルティング
  • 育児、介護休業制度の取り扱い
  • 定年制度・再雇用制度の見直し
  • 時間外労働の見直し

このように、各種書類の作成と提出代行・帳簿作成・コンサルティングが主な仕事内容となります。

1-5.なぜ必要なのか?

企業が発展する上で、労務や雇用関連の問題は避けられません。しかし、実際には専門家でなければ対応が難しい問題もあり、経営者が経営に専念できる環境を作り出すためにも、社会保険労務士の存在が必要不可欠です。社会保険労務士が労働社会保険の事務手続きを的確かつ迅速に処理することは、企業のリスク管理にも役立ちます。また、事務手続き業務のために社員を抱えるよりも、社会保険労務士に委託することで人件費削減につながるというのも事実です。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所