看護師試験

看護師試験の
合格率が知りたい!
国家試験や転職のポイントについて

少子高齢化がすすんでいる現在の日本は、医師・看護師・介護士などの医療・福祉関連における人手不足が深刻化しています。特に、医療業界の人手不足は深刻であり、看護師の需要が高まっているのです。就職・転職を考えている方もいると思いますが、看護師として働くためには国家試験にパスしなければなりません。受験を考えていても、合格率や試験内容など気になることがたくさんあるでしょう。そこで、本記事では、看護師の基礎知識や資格・合格率・試験方法・転職について説明します。

この記事を読むことで、看護師の合格率や国家試験について知り、就職・転職するために必要な知識を深めることができます。看護師として働きたい方はぜひ参考にしてください。

01. 01. 看護師の基礎知識

看護師の資格を取得するためには、どんな職業なのか基礎知識を深めておかなければなりません。主な職務や種類・魅力・給料について説明します。

1-1.どんな職業か

看護師とは、科学的な知識や技術を用いて、人々の健康を守り、豊かな生活を支援する職業です。病院やクリニックでは、必ず看護師が存在しており、医師の指示に従いながら仕事をこなします。人の命を守るための大切な役職であり、人の役に立つ仕事といえるでしょう。

1-2.主な職務

看護師の職務は、多岐にわたります。一般的な仕事は、医師が患者の診療や治療を行う際の補助や病気・ケガの患者ケアを行う内容です。たとえば、血圧・体温・脈の測定、注射・点滴・採決などの治療補助、食事やお風呂など身のまわりの世話なども含まれます。また、次の看護師へ引き継ぐために、患者の記録をつけるなどの業務もこなしているのです。大手病院では、手術の補助を専門としている看護師もいます。

1-3.種類について

看護師の種類は、担当別に分けることができます。外来看護師・病棟看護師・オペ室看護師・ICU看護師などが代表的です。それぞれの特徴を以下にまとめてみました。

  • 外来看護師:病気やケガ・健康異常を感じた人の診察・治療介助などを行う
  • 病棟看護師:入院している患者の看護を行う臨床の場
  • オペ室看護師:オペ室において、手術の介助を行う
  • ICU看護師:ICUに入っている患者の集中治療介助・看護・観察などを行う

1-4.魅力とは

看護師の魅力は、人の役に立つ仕事ができることです。少子高齢化がすすんでいる日本において、看護師の需要が高まってきています。また、看護師は一般サラリーマンやOLよりも給料が高く、社会的な信用度が高いのです。クレジットカードや銀行ローンなどの審査にも強いといわれています。さらに、安定した収入が得られること、転職も成功しやすい点もメリット・魅力の1つです。

1-5.給料について

看護師の平均給料は、月30万円前後、年収450万~といわれています。一般的なサラリーマンやOLは、平均年収が400万円といわれているので平均よりも高めです。また、ボーナスは50万~100万円ぐらいでしょう。あくまでも平均的な値であり、勤務先によって大きく異なります。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所