潜水士

【必見】潜水士は
過去問の攻略がカギ!
試験合格のコツを詳しく解説!

潜水士になるためには、国家試験に合格して資格取得をする必要があります。まずは、試験を突破するための準備を始めましょう。特に、過去問の活用は必要不可欠です。今回は、潜水士の過去問対策を含め、必要なことを詳しくまとめました。潜水士になりたい人や資格取得を考えている人は、必見です。

この記事を読むことで、潜水士に関する詳しい知識が身に付き、試験合格のために必要なことが分かります。まずは、記事をじっくり読んで参考にしてください。

01. 01. 潜水士の基礎知識

最初に、潜水士の基礎知識を身に付けましょう。主な職務や海上自衛隊についても解説します。

1-1.潜水士とは?

潜水士とは、潜水器・空気圧縮機・手押しポンプによる送気や、ボンベからの給気を受けてさまざまな業務を行う仕事です。水中は陸上よりも危険な作業が多くなるため、安全第一で職務に当たります。なお、潜水業務は誰もができるものではありません。専門知識をきちんと身に付けたことを証明する資格が必要です。

1-2.潜水士の職務

潜水士の職務は、多岐にわたります。主なものについては、下記を参考にしてください。

  • 水中での土木建築作業
  • 水産物の採集および調査
  • 遺留品・引き揚げ品の捜索
  • 水中撮影業務
  • 人命救助および不明者の捜索
  • ダイビングインストラクター

1-3.海上自衛隊について

海上自衛隊は、海上部門の自衛を行う組織で、防衛省の管轄となります。海上自衛隊は、水中での任務が多く発生するため、潜水士の資格が必要不可欠であり、数多くの潜水士が活躍中です。入隊を目指す場合は、潜水士資格が有利に働きます。海上自衛隊では、入隊後に潜水訓練などの実地訓練を受けて、実際の業務に当たることになるのです。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所