消防設備士を取得したい!過去問題の活用方法や勉強のコツは?

消防設備士を取得したい!
過去問題の活用方法や
勉強のコツは?

消防設備士とは、消防法で設置が義務づけられている消火器設備・警報設備・避難用具などの設置工事や点検整備を行うことができる資格です。不特定多数が利用するビルや商業施設・ホテル・劇場などに設置されている消防設備は、消防設備士でなければ点検や設置を行うことができません。ビルメン(ビルメンテナンス業)に就く場合も取得しておくと有利ということで、幅広い年代の方が資格取得にチャレンジしています。

そこで、今回は消防設備士の資格を取得する方法や過去問題の活用方法を解説しましょう。

この記事を読めば、消防設備士の試験勉強対策はばっちりです。資格取得を考えている方は、ぜひ読んでみてくださいね。

01. 01.消防設備士の
基礎知識

はじめに、消防設備士とはどのような資格かということを解説します。取得をするメリットはなんでしょうか?

消防設備士とはどのような資格?

消防設備士とは、オフィスビル・商業施設・劇場・ホテルなど不特定多数の方が利用する施設で、消防設備の設置・整備・点検などを行うことのできる資格です。
上気したような施設は、消防法に基づいて火災報知器・スプリンクラー・消火器・避難設備などを設置と定期的な整備・点検が義務づけられています。消防設備士の有資格者でなければ、設置・整備・点検を行うことはできません。

消防設備士は、1966年に制定された比較的新しい国家資格です。不特定多数が利用する大規模な施設が増加するに伴い、需要も増え続けています。また、定年を迎えてからも働くことができる仕事ということで、年齢が高い方でも取得するメリットは大きいでしょう。

消防設備士の種類

消防設備士には甲種と乙種があり、甲種は特類と1~5類・乙種は1~7類に分かれています。甲種は、取得した類に分類されている消防設備の設置工事と点検・整備を行うことが可能です。乙種は、取得した類に分類された消防設備の整備と点検を行うことができます。
なお、6類は消火器をはじめとする簡易消火設備、7類には漏電火災警報器が指定されており、これらは設置工事が必要ありません。そのため、甲種の資格区分がないのです。

現在のところ、「この資格を取得すれば、すべての消防設備の工事・整備・点検を行うことができる」という資格区分はありません。職場で必要とされる消防設備を扱える資格から取得していきましょう。

受験資格など

消防設備士乙種は、受験資格がありません。年齢・性別・学歴を問わずに受験することができます。甲種は、乙種を取得して一定の実務経験を得るか、電気工事士などの資格を取得していないと受験することができません。また、専門学校や短大・大学で電気・工業化学・土木または建築にかかわる学科を卒業していても受験資格を得られます。

甲種の受験資格は多数あるので、詳しくは消防試験研究センターのホームページを確認してください。

資格を取得するメリット

消防設備士の有資格者は、消防設備の工事や点検を請け負っている会社やビルメン業界から常に一定の需要があります。また、電気工事士や危険物取扱者が消防設備士の資格を取得していると、仕事の幅が広がるでしょう。特に、ビルメン業界で働きたいという場合は、取得しておくと転職や就職に有利です。消防設備士の資格だけで就職することはなかなか難しいのですが、取得すれば数千円の資格手当を付ける企業は多いでしょう。

資格を取得した後の受講義務について

消防設備士は、資格を取得した後も定期的に講習会の受講が義務づけられています。この講習は、消防設備士の資格を活用して仕事をしていなくても受けなくてはなりません。受講しなくても罰則規定などはありませんが、長年受講をしていないといざ資格を活用して仕事をしたいという場合に、不利になることもあります。

取得している資格区分の数によっては、講習会を複数受講しなければなりません。ですから、資格を維持するのにも費用がかかります。「資格を取得したけれども、特に使わない」という場合は免許の交付を受けずにいてもよいでしょう。なお、試験に合格してさえいれば、いつでも免許交付の申請を行うことはできます。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所