消防設備士試験のコツと資格取得のメリットを徹底解説!

消防設備士試験のコツは?
消防設備士の仕事内容や
資格取得のメリットを解説!

ビルや建築物の火災や被害の拡大を防ぐためには、適切な消防設備の整備が必要不可欠です。火災の被害は大きく、人命にかかわることですから、普段からきちんとした対策を行うことになります。消防設備の整備は、消防設備士の職務です。今回は、消防設備士を目指す人のために、資格取得に必要な知識や勉強法のコツまで徹底的に解説します。

この記事を読むことで、消防設備士試験に合格するために必要なことが身に付きます。また、試験に向けて何をするべきか深く理解できることでしょう。確実に合格するためにも、有益な情報が満載ですからぜひ読んでみてください。

01. 01. 消防設備士
の定義

最初に、消防設備士の定義を学びましょう。歴史や職務、選任義務について解説します。

消防設備士の歴史について

消防設備士の制度は、1965年4月に開始しました。当時は、大きなビル火災が多発し、消防設備の設置や管理に大きな関心が集まっていた時期でもあります。そのため、消防設備士制度を設け、安全・確実に消防設備を設置・管理することに力を入れたのです。消防設備士の活躍のおかげで、今では大規模なビル火災を最小限に防ぐことができています。

消防設備士の職務は?

消防設備士の職務は、消防設備の整備や点検・消防設備の工事(甲種のみ)となります。消防設備の整備・点検を常に行うことで、災害を防ぐという重大な職務があるのです。また、甲種に関しては消防設備の工事も行うことができます。いずれにしても、消防設備の整備や点検で災害を未然に防ぐことが重要な職務です。

消防設備士の選任義務について

消防設備士に、選任義務はありません。しかし消防法第17条の3の3と第17条の5によって、消防用設備の工事と整備は消防設備士が行うことを義務付けています。つまり、選任義務として明記が無くても、消防設備の取り扱いに関しては消防設備士に任せる必要があるのです。消防設備士の資格を持っていない人が消防設備を取り扱うことは、法律で禁止されているので注意しましょう。

消防設備士の種類について

消防設備士の種類は、以下となります。

  • 甲種消防設備士:第1類~第5類、および特類
  • 乙種消防設備士:第1類~第7類

甲種・乙種ともに免状を受けた区分の消防設備のみの取り扱いが可能です。甲種は、消防用設備の整備・点検のほかに工事もできますが、乙種は整備・点検のみとなります。区分については、以下を参考にしてください。

  • 第1類:屋内消火栓設備・スプリンクラー設備・水噴霧消火設備・屋外消火栓設備
  • 第2類:泡消火設備
  • 第3類:不活性ガス消火設備・ハロゲン化物消火設備・粉末消火設備
  • 第4類:自動火災報知設備・ガス漏(も)れ火災警報設備・消防機関へ通報する火災報知設備
  • 第5類:金属製避難はしご・救助袋・緩降機(かんこうき)
  • 第6類:消火器(乙種のみ)
  • 第7類:漏電火災警報器(乙種のみ)
  • 特類:特殊消防用設備等(特類のみ)
そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所