消防の資格とは

消防の資格とは?
資格の種類や資格概要、
試験内容など徹底解説

消防設備士・消防設備点検資格者など、消防に関する資格はたくさんあります。火災の予防・警戒に努め、国民の生命・身体および財産を火災から保護するためには、専門知識を持っておかなければなりません。その専門知識を有している証(あかし)になるのが、資格です。では、具体的に消防の資格にはどんな種類があるのでしょうか。本記事では、消防の資格の種類・各資格試験について説明します。

この記事を読むことで、消防の資格についてよく分かります。資格取得を考えている方は、ぜひチェックしてください。


01. 01. 消防の資格とは

まずは、消防・消防法・主な就職先・資格取得のメリットについて説明します。

1-1.消防とは

火事を消し延焼を防ぐこと、火災・災害の警戒・予防することを「消防」といいます。日本では、江戸初期から火消(し)と呼ばれる組織が存在していました。明治初年以来、警察行政の一部として行われていましたが、第2次世界大戦後に消防組織法と消防法の制定によって、警察から分離し、独自の体制を確立したのです。

1-2.消防法について

消防法は、昭和23年7月24日に制定され、8月1日に施行されました。消防に関する資格は、消防法に基づいているのできちんと把握しておかなければなりません。消防法の主な目的は、以下の3点となります。

  • 火災の予防・警戒・鎮圧により国民の生命・身体財産を保護する
  • 災害による被害を軽減する
  • 災害などによる傷病者の搬送を適切に行う

また、消防法によって、設備などの設置・義務内容などが定められているのです。

1-3.主な就職先

資格の種類によって異なりますが、主な就職先は、ビルメンテナンス会社・管理会社・消防設備の設置や点検を請け負っている会社などです。消防設備のあるところでは、設備の設置・点検ができる有資格者を求めています。消防法によって、消防設備は定期点検が義務づけられているのです。そのため、設置・点検ができる有資格者は、大企業からの需要も高めでしょう。

1-4.資格取得のメリット

大きなメリットは、就職・転職に役立つことです。資格所得が、応募条件に含まれる職場もあります。資格を取得しておけば、幅広い求人の中からやりたい仕事が選べるでしょう。
さらに、資格手当という基本給以外の収入を得ることができます。給与面でもメリットがあるため、消防関連の仕事に就く方は資格を取得したほうが良いでしょう。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所