水中溶接の仕事内容

水中溶接の仕事内容、
必要な資格とは?
潜水士の資格について

1.水中溶接とは?

まずは、水中溶接がどんな仕事で、通常溶接とどのような違いがあるのかチェックしておきましょう。

1-1.どんな仕事か?

水中で行う溶接作業のことを「水中溶接」といいます。たとえば、海洋構造物を設置するための測量・施工・補修などを行うことになるでしょう。その際は、水中で使える専用ホルダー・溶接棒を使います。海・川・池・ダムなどの機械設備を水の中で溶接するのが、水中溶接の主な仕事です。水中での作業は視野が狭くなり行動が制限されるため、高度な技術が必要になるでしょう。そのため、経験豊富な技術者はどの現場でも重宝されます。

1-2.いつ、どんなときに必要か?

水中溶接を行うシーンはさまざまですが、主に、海底ケーブルなどのインフラ設置・維持管理を行う際に水中溶接を行うことになるでしょう。もちろん、作業現場は海・川・池など水中となります。また、主な就職先は、建設会社です。求人サイトでチェックすると、水中溶接の技術者を募集している建設会社があります。

1-3.通常溶接との違い

水中溶接は、陸上溶接よりも水で瞬間冷却されるための強度が20%低下するといわれています。よって、溶接痕の盛り上がりとなる「溶接ビード」を細かく一定に保ち、強度アップをするスキルが必要なのです。通常溶接よりも高レベルの技術がポイントとなるでしょう。
また、水中での作業になるため、送気管の破損による窒息死や、空気タンクの残量ゼロによる水死など水難事故のリスクが高くなります。陸上よりも危険性が高くなる点は、通常溶接との大きな違いといえるでしょう。リスクが高い作業だからこそ、ほかの溶接工よりも年収が約2~3倍高めです。溶接工の平均年収は約300万~430万円なので、水中溶接は約600万~800万円でしょう。経験豊富な人は、さらに年収が高くなる可能性があります。

2.水中溶接を行う資格とは?

では、水中溶接を行うために必要な資格とはどんなものなのでしょうか。ここでは、必要な資格を紹介します。

2-1.資格は必要?

前述したとおり、水中溶接は通常溶接よりもスキルと技術が必要です。水の中で溶接作業を行うため、潜水士の資格がなければできません。潜水士の資格も、水中溶接の作業に必要な資格となります。また、アーク溶接の特別教育を受けた「アーク溶接技術者」という資格も取得したほうがよいでしょう。専門性が要求される水中溶接なので、アーク溶接の経験を積んだほうが作業しやすくなります。

2-2.必要な資格を紹介!

水中溶接に必要な資格は、「アーク溶接技術者」と「潜水士」の2つです。それぞれの資格の内容をチェックしておきましょう。

2-2-1.アーク溶接技術者

アーク溶接とは、放電現象(アーク放電)を利用して金属をつなぎ合わせる作業です。この作業を行うために必要な資格が「アーク溶接技術者」となります。水中でも電気を使用した溶接作業を行うため、アーク溶接技術者の資格を取得したほうがよいでしょう。また、アーク溶接技術者は、2日間で11時間の学科+1日10時間の実技を請ければ取得することができます。

2-2-2.潜水士

アーク溶接技術者と同様に必要不可欠な資格が「潜水士」です。国家資格の潜水士は、潜水用具を身につけて、水中・水底で作業をするのが主な仕事となります。よく、「普通のダイバー」と間違われることが多いですが、ダイビング講習を受けて取得できるCカードとは異なるので要注意です。潜水士は、Cカードを取得しただけではなれません。具体的な資格内容については、後ほど【3.潜水士の資格とは?】で説明します。

2-2-3.基本級からチャレンジできる「手溶接技術者」

水中溶接に必要な資格は、アーク溶接技術者と潜水士の2つですが、ほかにも「手溶接技術者」という資格があります。手溶接技術者とは、溶接技能者の1種で溶接棒を用いた炭素鋼(たんそこう)に対する手溶接技能を持っている技術者の資格です。技能検定試験を受けるためには一定以上の実務経験が必要ですが、1か月以上の実務経験があれば基本級からチャレンジできます。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所