建設機械施工技士

建設機械施工技士の
講習会はどんなもの?
メリットや受講方法

建設機械施工技士とは、建設機械を用いた工事の施工管理や工程管理・建設機械オペレーターの監督などを行うことができる資格です。建設機械を使う工事現場には監督者として必要とされる資格であり、取得すれば昇進や昇給ものぞめるでしょう。転職や就職の大きな武器にもなるので、取得を目指している方も多いと思います。また、施工技士の試験対策も豊富で、講習会を開いている団体も多いのです。

そこで、今回は建設機械施工技士の試験内容や勉強方法、講習会を受講するメリットなどを解説しましょう。

この記事は、建設機械施工技士の試験対策にも役立ちます。建設機械施工技士の資格取得を考えている方は、ぜひ読んでみてくださいね。

01. 01. 建設機械施工技士の
基礎知識

建設機械施工技士は国家資格、施工技士の一種であり、もっとも長い歴史があります。その職務は前述のとおり、建設機械を用いた工事の安全管理・作業管理のほか、建設機械を扱うオペレーターたちの技術指導も行うことも可能です。建設機械を用いた工事現場で主任技術者や監理技術者の選任を受けることができますので、資格を取得していればより責任ある立場を任せられるでしょう。

建設機械施工技士には、1級と2級があり、1級を取得すればほぼすべての建設機械を用いた工事において、オペレーターの指導や監督ができます。2級は全6種類に分かれており、それぞれ取得した種の機械を使った工事の施工管理やオペレーターの指導・監督を行うことが可能です。

なお、建築機械を用いた工事現場では主建設機械施工技士の資格保持者を主任技術者・監理技術者として選任することが、義務づけられています。2級は主任技術者の選任を受けることが可能です。1級を取得して講習を受講すれば、監理技術者の選任を受けることができます。資格を取得すれば昇進や昇給がのぞめるほか、転職にも役立つことでしょう。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所