建築物環境衛生管理技術者の試験内容・おすすめの勉強法などを解説

建築物環境衛生管理技術者の
試験内容は?
おすすめの勉強法などを解説!

建築物環境衛生管理技術者は、建築物環境衛生の維持管理にかんする監督を行う国家資格です。通称、おビル管理技術者やビル管理士と呼ばれており、特定建築物において選任義務があります。特定建築物の管理における、事実上の最高責任者です。建築物衛生管理技術者として働くためには、国家試験に合格しなければなりません。事前に、基礎知識から試験内容などを把握しておけば、スムーズに取得できるでしょう。そこで、本記事では、建築物の環境衛生管理や建築物環境衛生管理技術者の基礎知識・仕事内容・国家試験・勉強法について説明します。

この記事を読むことで、建築物環境衛生管理技術者の資格を取得するために、必要な知識を得ることができます。資格取得を考えている方はぜひ参考にしてください。

01. 01. 建築物の
環境衛生管理とは?

建築物環境衛生管理技術者の資格を取得するためには、基礎知識を習得しておかなければなりません。建築物の環境衛生管理とは何なのか、詳しく説明します。

定義・概要

建築物の環境衛生管理は、「建築物における衛生環境の確保にかんする法律(建築物衛生法)」に基づいています。特定建築物維持管理権原者は、建築物衛生法に基づき、特定建築物の衛生管理を維持しなければなりません。建築物環境衛生管理基準は、衛生管理を維持し続けるための大切な基準です。空気環境の調整・給水および排水の管理・清掃・ねずみなどの防除などが、基準項目として挙げられます。また、建築物の環境衛生維持管理を行う監督者のことを「建築物環境衛生管理技術者」といい、ビル管理技術者・ビル管理士とも呼ばれている有資格者です。

目的・必要性

不特定多数の人が出入りする場所は、ほかの場所よりも汚れやすく、不衛生な環境になりがちです。だからこそ、建築物衛生法に基づいて、環境衛生を良好な状態に維持し続けなければなりません。もし、不衛生な環境になれば、その場に出入りする多くの人の健康にも悪影響をおよぼします。多くの人にとって、快適かつ安全な建築物にするためにも、建築物の環境衛生管理が必要なのです。

適用される場所

建築物の環境衛生管理が適用される場所は、不特定多数の人物が出入りする場所です。特定建築物と言われており、特定用途に利用される部分の面積が3,000平方メートル以上の建築物を指しています。たとえば、オフィスビル・商業施設・美術館・ホール・娯楽施設・映画館などです。

建築物環境衛生管理基準について

建築物における環境衛生管理の指標となるのが、建築物環境衛生管理基準です。「空気環境の調整・給水および排水の管理・清掃・ねずみ、昆虫などの防除そのほか環境衛生上良好な状態を維持するのに必要な措置について定める」と規定されています。高い水準の快適な環境実現を目的とした基準です。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所