建築施工管理技士試験対策の勉強方法や試験準備、 資格取得の流れを徹底解説

建築施工管理技士の試験対策!
勉強方法や試験準備、
資格取得の流れを徹底解説

建築施工管理技士とは、建設業において特定の技術を認定した施工管理技士の一種です。建築工事を行う前に、土台作りから内装に至るまですべての施工計画を立て、工事が始まると施工管理や安全管理、技術者への指導や監督業務を行います。工事現場では必ず選任しなければならない主任技術者や監理技術者にもなることができるので、取得すれば昇給や昇進も望めるでしょう。

今回は、建築施工管理技士の仕事内容や取得をするメリット・資格取得の方法などを解説します。

建築施工管理技士の資格取得を目指している方も、ぜひ読んでみてくださいね。

01. 建築施工管理技士の
基礎知識

はじめに、建築施工管理技士の職務や種類を解説していきます。資格を取得すると、どのようなメリットがあるのでしょうか?

建築施工管理技士の職務内容

施工管理技士は、特定の工事に対して高度な技術や経験を持ち、それを生かして施工管理や安全管理・監督業務を行います。土木・建設機械・電気・管工事などがあり、その中で建設施工管理技士は、建物の建築工事にかんするすべての施工計画・管理などを行える資格です。

仕事の流れを簡単に説明しましょう。建築士から建築物の設計図を受け取った技士は、設計図に基づいて施工計画を立てます。大規模な工事の場合は、他の施工管理技士と相談をすることもあるでしょう。施工計画を無事に立てたら、計画に基づいて工事を行います。工事中、建築施工管理技士は、主任技術者や監理技術者に選任されて現場監督を行うのです。このほか、工事中に発生する事務仕事の一部も、施工管理技士の仕事になります。

建築施工管理技士は仕事が多く、普通の技術者として働くよりも責任が重く、大変です。しかし、やりがいはありますし、昇進や昇給も望めます。

建築施工管理技士の種類

建築施工管理技士には、1級と2級があります。1級を取得すれば、建築物の建設工事に関するすべての施工管理・安全管理・監督業務が行えるほか、監理技術者の選任を受けることが可能です。
2級は、建築・躯体・仕上げの3種類に分かれており、取得した種類の工事が行われる際、施工管理・安全管理・監督業務を行えます。また、主任技術者の選任を受けることが可能です。

1級を取得した方が仕事の幅が広く、より大規模な工事の管理を任されることが多くなります。そのため、2級を取得してさらに実務経験を積み、1級取得を目指す方もたくさんいることでしょう。

建築施工管理技士の求職や年収

建築施工管理技士は、一定の規模以上の建築物を建造する工事現場に必要な資格です。主任技術者や監理技術者としての需要も高いでしょう。

また、1級を取得すると専任技術者の選任を受けることもできます。専任技術者とは、建築会社が新しい営業所を開設する際、必ず選任しなければならない技術者です。請負契約の締結や履行を確保するのが主な仕事になります。専任技術者や監理技術者の経験があれば、転職の武器にもなるでしょう。

建築施工管理技士の給与は、300万~500万円代と幅があります。大きな現場の管理を任される人ほど、給与もアップするでしょう。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所