工場勤務に役立つ資格を一挙紹介!取得する資格選びのポイントは?

シェアする

工場で勤務している方の中には、さまざまな資格を取得している人がいるでしょう。その工場で生かすことができる資格があれば、現場で重宝されます。資格取得者だけができることもあるため、給料アップや昇級も期待できるでしょう。一体、どのような資格が工場で役に立つのか、気になっている方は多いはずです。

そこで、本記事では、工場勤務に役立つ資格を紹介します。

  1. 工場勤務で資格が重要な理由は?
  2. 取得する資格選びのポイント
  3. 工場勤務に役立つ資格を紹介!
  4. 工場勤務の資格に関してよくある質問

この記事を読むことで、工場勤務で資格が重要な理由や資格選びのポイントも分かります。気になっている方はぜひ参考にしてください。

1.工場勤務で資格が重要な理由は?

まずは、工場勤務で資格が重要な理由をチェックしておきましょう。

1-1.スキルアップにつながる

工場勤務で資格が重要な理由は、何よりもスキルアップにつながるからです。実際、工場には資格取得者がたくさんいます。中には、「工場で資格が何に役立つのか分からない」「資格を取得するには時間とお金がかかるから」と資格を取得しようか悩んでいる方がいるでしょう。けれども、資格を取得すれば有資格者だけができる作業ができるため、現場で重宝されますしスキルアップにつながります。資格を取得することで、工場で働くために役立つ知識や技術をより身につけられるというわけです。「もっと技術を高めていきたい」と思っている方は、資格を取得してスキルアップにつなげましょう。

1-2.仕事の幅が広がる

仕事の幅が広がるのも、工場勤務で資格を取得する大きな理由です。今の仕事内容に満足していれば問題ありませんが、「今の仕事よりも責任のある立場で働きたい」と思っている方は資格を取得すべきでしょう。取得する資格によって仕事の幅が広がりますし、自分の中で新しい目標や夢が出てくる可能性もあります。キャリアアップにつながるのはもちろん、仕事の選択肢も多くなるでしょう。

1-3.昇給・昇格のチャンスがつかみやすくなる

工場勤務で資格が必要な理由として、昇給・昇格のチャンスがつかみやすくなるからです。企業によっては、業務に関係する資格を取得していると資格手当が支給されることがあります。資格手当は毎月の給与に追加される手当ですので、その分、給料が高くなるのは間違いありません。たとえ、正社員でなくても資格を持っている人のほうが給料が高くなる傾向があります。また、資格を持っている人が責任者のポジションにつきやすい傾向もあるため、昇進を目指している方は資格取得がおすすめです。

1-4.周囲の信頼や評価が得られる

資格を取得することで、周囲の信頼や評価が得られるのも大切なポイントです。職場に必要な資格を取得している人ほど、仕事に対する向上心や意欲が評価される傾向にあります。工場ではたくさんの人が働いているので、同じ職場で働く人たちとの差別化を図るためには、資格取得がおすすめです。上司や管理者から「有資格者なら安心して任せられる」と認められたり、取引先からも信頼を得やすくなったりします。資格を取得すれば自分の自信にもつながりますので、働きやすい環境づくりに役立つでしょう。

2.取得する資格選びのポイント

ここでは、工場で取得すべき資格をどのように選べばいいのか、資格選びのポイントを解説します。

2-1.職場で生かすことができるか

工場で生かすことができる資格はたくさんあるため、どの資格を取得すればいいのか悩みがちです。そのようなときは、まず自分が働く現場で直接的に役立つ資格であるかをチェックしてください。中には、資格手当を得るために資格を取得する方がいますが、実際に自分が関わる仕事に役立つ資格でなければ活用できません。毎日の業務に役立つ資格かどうかを必ずチェックして、取得する資格を選びましょう。また、将来にやりたいことや夢・目標がある方は、そこで生かせる資格かも確認してください。その資格を有効に活用し、業務の幅を広げられるか見極めることが、資格選びのポイントです。

2-2.キャリアアップにつながるか

その資格を取得することで、キャリアアップにつながるかどうかもチェックしておきたいポイントです。資格を取得しても任せられる作業内容の幅が広がるだけで、キャリアアップにつながらないケースもあります。「さらに自分の力を職場で生かしていきたい」「関わりたい仕事がある」という方は、資格を取得した後のことをイメージしてみてください。その資格で何ができるのか、キャリアアップにつながることができるのか、慎重に見極めることが大切です。自分でどんな資格を取得すればいいか分からない場合は、職場の先輩や上司に相談するといいでしょう。

2-3.国家資格であることがポイント!

工場勤務で役立つ資格はさまざまですが、国家資格であることが重要なポイントです。工場勤務者が取得する資格には、民間資格も多数含まれています。民間資格にももちろんメリットはありますが、社会でより認められ評価を得られるのは国家資格です。国家資格は法律によって定められているため、効力は民間資格よりも上回ります。せっかく資格を取得するために時間を費やすのですから、効力が高い国家資格を選んでください。

2-4.資格の難易度が非現実的でないか

取得する資格を選ぶ際、資格の難易度が現実的かどうかもチェックしておきましょう。資格を取得するためには、勉強が必要です。働きながら資格を取得する方が多いと思うので、なかなか勉強時間を作ることができず、資格取得までに時間がかかってしまうでしょう。資格の種類によって難易度は違い、中にはレベルが高い資格もあります。「早く現場で認められたいから」という気持ちやチャレンジ精神は素晴らしいですが、自分のレベルに合っているかどうか、時間をかけてまで取得すべき資格かどうかを判断しなければなりません。いきなり、難易度が高い資格に挑戦してしまうと、取得までかなりの時間を費やしてしまい、モチベーションも下がってしまいます。

3.工場勤務に役立つ資格を紹介!

ここでは、工場勤務に役立つ資格をいくつか紹介します。

3-1.危険物取扱者

危険物取扱者は、工場勤務で生かせる国家資格の1つです。火災の危険性が高い物質を扱うためには、危険物取扱者の資格が必要となります。危険物に関する知識を持っているからこそ、企業側にとっては安心して危険物を取り扱うことができるでしょう。主に、医薬品や食品を扱う企業・ガソリンスタンドなど危険物を取り扱う職場で役立つ資格です。なお、危険物取扱者の資格は、危険物の種類によって以下の3種類に分かれています。

  • 甲種:第1類~第6類すべての危険物を扱うことができる
  • 乙種:取り扱える危険物の種類ごとに、第1類~第6類まで6つの資格に分かれている
  • 丙種:第4類の危険物(一部)だけ扱うことができる

3-2.衛生管理者

危険物取扱者と同じく、工場勤務で活用できる国家資格が衛生管理者です。衛生管理者は、事業の種類を問わず、常時50人以上の労働者・従業員が働いている事業所に必ず選定しなければなりません。主に、労働者の健康障害や労働による災害を防ぐために、さまざまな取り組みを行います。なお、衛生管理者の資格は担当できる業務の幅によって、第一種と第二種の2つに分かれているのが特徴です。

3-3.電気工事士

電気工事士は、電気設備の工事ができる唯一の国家資格です。住宅・ビル・工事などあらゆる建物には電気設備が設置されています。電気工事は少しでも誤ると感電したり設備がダメになったりする危険があるため、資格を持っている人だけが行える工事です。そのため、電気工事士の資格を取得しておけば、電気に関連する製品などを扱っている工場では重宝されるでしょう。なお、電気工事士の資格は工事の範囲によって、第一種・第二種の2種類に分かれます。

3-4.フォークリフト運転技能者

フォークリフト(荷役自動車)は、運転するために免許が必要です。工場や倉庫などで荷物を運搬する際に使うことが多いので、フォークリフト運転技能者の需要は高い傾向があります。国家資格よりも資格試験の難易度は低いので、工場勤務者の多くが取得している資格です。なお、フォークリフト運転技能者の資格を取得すれば、最大積載荷重量が1t以上のフォークリフトが運転できます。

3-5.クレーン運転士

クレーン運転士は、クレーンを運転するための資格です。資材を吊(つ)り上げたり、移動させたりする場合に使うことが多いでしょう。運転できるクレーンの種類によって、クレーン・デリック運転士と移動式クレーン運転士の2種類があります。それぞれの特徴は以下のとおりです。

  • クレーン・デリック運転士:移動式クレーンを除き、吊り上げ荷重5t以上のクレーンが運転できる
  • 移動式クレーン運転士:吊り上げ荷重5t以上の移動式クレーンが運転できる

3-6.溶接技能者

溶接に関わる作業を行うために必要な資格が、溶接技能者です。溶接を行う工場では、取得しておいたほうがいい資格といえるでしょう。なお、溶接の資格は、溶接方法や溶接するものの種類によって3種類に分かれています。溶接技能者の資格を取得する際は、工場の現場で用いられている溶接方法などに合った種類を選んでください。ちなみに、溶接技能者の資格種類は以下のとおりです。

  • アーク溶接作業者:放電現象を利用し、金属同士を接合する溶接方法
  • ガス溶接技能者:ガスを利用し溶接を行う方法
  • 銀ろう付け技能者:銀ろうを接着剤として利用し、母材を溶かすことなく接合する溶接方法

3-7.機械加工技能士

取得しておくと便利な資格として、機械加工技能士があります。機械加工は金属製品の部品を作成するときに必要な作業ですので、ものづくりの基本ともいえる資格です。なお、機械加工技能士の資格には、3級・2級・1級・特級の4階級があります。この中で最も取得しやすいのは3級で、実務経験が6か月以上あれば受験可能です。機械加工の技術レベルを証明できるため、技術力をアピールするために資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。

4.工場勤務の資格に関してよくある質問

工場勤務の資格に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.資格取得は転職にも役立つのか?
A.資格取得は転職も有利に働きます。面接時には「どのような資格を持っているのか?」と聞かれることが多いため、自分の技術レベルやスキルをアピールできるでしょう。よりレベルの高い現場で働きたいと思っている方が、転職をきっかけに資格を取得するケースもあります。

Q.国家資格の取得にどのくらいの勉強時間がかかるのか?
A.資格の種類によって異なりますが、第一種衛生管理者の資格を取得するためには、おおよそ100時間の勉強時間が必要だといわれています。働きながら勉強を続けることは結構大変ですので、時間に余裕を持ってコツコツと勉強を続けてください。

Q.スムーズに資格を取得するコツは?
A.毎日コツコツと勉強を続けることです。休日にまとめて勉強時間に充てるという方もいますが、毎日数十分でも勉強を続けたほうが頭の中にインプットされやすい傾向があります。自分で勉強する際は、参考書などで基礎知識を身につけ、ある程度勉強したら過去問題に挑戦してみましょう。

Q.エネルギー管理士とは?
A.燃料・電気の消費量が多い工場で役立つ資格です。主に、エネルギー使用量の監視や改善の指揮を行います。エネルギー管理士は国家資格ですので、取得しておくとスキルアップにつながるでしょう。特に、第一種エネルギー管理指定工場になっている工場では、エネルギー管理者の選任が義務付けられているので重宝されます。

Q.コンピューターを使う工場で役立つ資格は?
A.CAD利用技能資格が役立ちます。コンピューターを使って製図・設計を行うCADは、建築や機械の設計には必要不可欠です。商品開発では必要な能力ともいえるため、資格を取得しておくことで一定の技術や知識がアピールできるでしょう。

まとめ

工場勤務で役立つ資格には、危険物取扱者・衛生管理者・電気工事士・フォークリフト運転技能者などさまざまな種類があります。工場といっても多種多様ですので、自分が働く工場ではどのような資格が役に立つのか考えてみてください。そこで役立つ資格を取得すれば、昇級・昇格のチャンスがつかみやすくなるでしょう。また、無資格だと担当できない作業を任せられることになるため、キャリアアップにもつながります。この機会に、取得しやすい資格から挑戦してみてはいかがでしょうか。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所