工場の設備保全

工場の設備保全とは
どのような仕事?
必要な資格は?

工場とは、さまざまな製品や製品の原材料を作り出す場所です。その種類は多種多様であり、日本だけでも100種類以上はあるでしょう。このような工場には製品を作る従業員の他に、機械・設備・電気関係などの保安業務を行う人たちがいます。安全かつ安定した製造を行うために、設備保全は欠かせません。

今回は、工場の設備保全の仕事や関連する資格について解説しましょう。

この記事を読めば、どの資格を取得すれば設備保全の仕事に就くために有利なのかも、よく分かります。工場の設備保全の仕事に興味がある方は、ぜひ読んでみてくださいね。

01. 01. 工場の
設備保全とは?

工場では、いろいろな設備や機械を使用して製品を作ります。工場の設備や機械は、高電圧を使用して動くものも多く、パワーも強力です。万が一誤作動を起こしたり、使っている最中に故障したりすれば、大事故につながる可能性があります。そのため、工場の機械や設備、さらに電気系統は定期的に点検整備を行うことが大切です。
設備保全には、事故が起きないように定期的に点検などを行う「予防保全」と、実際に機械や設備の調子が悪くなった後に行い、安全に使えるように元に戻す「事後保全」があります。予防保全が大切ですが、いくら念入りに点検をしても完璧に故障を防ぐことはできません。ですから、設備保全に従事している方は、すぐに事後保全ができる体制を整えておく必要があります。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所