家財整理士の必要性を徹底検証! 資格取得までの流れも紹介

シェアする

「家財整理士の資格が役立つ仕事を知りたい」「どうすれば資格を取得できるのか?」とお考えではありませんか? 高齢化社会と呼ばれる今の時代、生前整理や遺品整理などにおいて悩みを抱える高齢者が急増しています。そんな高齢者の支えになる「家財整理士」という資格が注目を集めていることをご存じでしたか?

この記事では、家財整理士が役立つケースや、資格を取得する方法などを詳しくご紹介しましょう。

  1. 家財整理士とは?
  2. 家財整理士が役立つのはどんなときなのか?
  3. 家財整理士になる方法
  4. 家財整理士の資格が役立つ仕事
  5. 家財整理士に関するよくある質問

この記事を読むことで、家財整理士の資格を取得するメリットや、資格取得までの流れなどが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.家財整理士とは?

まずは、家財整理士について詳しく解説しましょう。

1-1.家財整理とは何をするのか?

家財整理とは、遺品整理や生前整理・不用品の処分などを合わせたもののことをいいます。不用品を粗大ゴミに出す・まだ使えるものを買取に出す・財産を整理する・家の清掃をするなどが具体的な内容です。

1-2.片付けに関する悩みを解決するのが家財整理士

家財整理をするにあたり、死後のことを意識する高齢者やその家族にとってさまざまな悩みがつきものです。「相続のことで親族にもめてほしくない」「生前整理をプロに依頼したい」など、希望もいろいろとあると思います。しかし、知識がなければ解決方法が分からず、なかなか準備もすすまないでしょう。そこで、片付けに関する悩みを解決するのが、家財整理士の役割なのです。家の売却や相続のことなど、自分で考えなければならない一人暮らしの高齢者にとっても、大きな助けになるでしょう。

2.家財整理士が役立つのはどんなときなのか?

家財整理士は、以下のようなケースで役立ちます。

2-1.遺産相続におけるトラブルを防ぎたい

遺産相続においては、さまざまなトラブルが起こる可能性があります。「遺産をどう分けるのが適切なのか」「相続人が多いときはどうすればよいのか」など、悩むことも多いでしょう。相続に関する専門知識を持つ家財整理士から適切なアドバイスを受けることで、スムーズに相続することが可能になります。また、弁護士や税理士などの専門家も紹介してもらえるため、安心して任せることができるでしょう。

2-2.自分で生前整理や遺品整理をするのが難しい

少子高齢化がすすみ、生前整理や遺品整理を自分で行うのが難しいケースも増えてきています。「体力や判断力が低下しているので生前整理ができない」「遠方に住んでいて兄弟もいないので遺品整理をするのが難しい」などの場合もあるでしょう。そんなときは生前整理や遺品整理の代行業者に依頼すべきですが、残念なことに悪徳業者も存在するのが現状です。「高額な費用をだまし取られた」「遺品を不法投棄された」などの事例も数多く報告されています。家財整理士に依頼すれば、安心して依頼できる優良な業者を選定して紹介してもらえるのです。

2-3.亡くなった親の家を売却したい

「亡くなった親が住んでいた家を売りたい」というときも、家財整理士に相談すると安心です。建物や土地にどのくらいの価値があるのか・売却する前にどんなメンテナンスが必要か・どこに売却すべきかなど、適切なアドバイスをもらえるでしょう。

3.家財整理士になる方法

家財整理士の資格を取得するための流れについて詳しくご紹介しましょう。

3-1.インターネットで申し込みをする

まずは、インターネットで家財整理士養成講座の申し込みをします。申し込みフォームに必要事項を入力して送信するだけなので簡単に申し込みが可能です。講座の資料請求もこちらのフォームから申し込みできるため、受講を検討している人は依頼してみるとよいでしょう。

3-2.教材の到着

申し込み後、テキストと資料集が到着するので学習を開始してください。豊富な事例が記載されているため、教材に沿って学習すれば必要な知識を身につけることができるはずです。

3-3.レポート課題の提出

最後にレポート課題を提出し、基準を上回っていれば修了となります。分からない問題があっても教材を参照することができるため、専門知識を身につけながら資格を取得することが可能です。

3-4.認定証の発行

講座修了後、認定証が発行されます。さまざまな分野での実務活動を開始することが可能です。

4.家財整理士の資格が役立つ仕事

家財整理士の資格が役立つ仕事には、以下のようなものがあります。

4-1.不用品の片付け・リサイクル業

不用品の片付けや買取を業者に依頼する高齢者が急増しているからこそ、悪徳業者の存在も浮き彫りになってきているのが現状です。利用者の不信感を一掃し、選ばれる業者になるためにも、家財整理士の資格は大きな魅力になるでしょう。

4-2.介護施設入居者の紹介業

介護施設の入居者紹介業にも、家財整理士の資格は役立ちます。介護施設への入居を検討する高齢者の中には、施設選びに迷う人がたくさんいるはずです。入居にあたって必要な準備についても、分からないことが多い人が数多くいるでしょう。紹介業者が家財整理士の資格を持っていることは、利用者にとっても大きな安心感を与えるはずです。

4-3.介護施設の従業員

介護施設の従業員として働いていると、利用者やその家族から家財道具の片付けや相続について相談を受けることも多いでしょう。家財整理士の資格を持つ従業員がいることは、利用者からの信頼を得るうえで大きなポイントになるはずです。

4-4.高齢者ビジネス

高齢者ビジネスを行ううえでも、家財整理士の資格は強い武器になります。今の時代、介護施設への入居や相続問題・家財の片付けなどに興味を持っている高齢者は数多くいるでしょう。そういった分野をテーマにした高齢者ビジネスは、成功の確率が高くなることが予想されます。

5.家財整理士に関するよくある質問

「家財整理士について知りたい」という人が感じるであろう疑問とその回答をまとめました。

Q.家財整理士養成講座の受講料はいくらですか?
A.テキスト代込みで30,000円となります。

Q.学習を開始してからどのくらいで認定証をもらえるでしょうか?
A.標準受講期間は2か月となっています。

Q.仕事をしながらでも受講することは可能ですか?
A.はい。通信制なので自分のペースで学習することが可能です。

Q.家財整理士について具体的なことを知るにはどうすればよいでしょうか?
A.定期的に無料説明会を開催しているため、参加してみることをおすすめします。家財整理士の必要性や資格の活用法などが詳しく分かるはずです。

Q.家財整理士の資格は今後も必要とされるでしょうか?
A.超高齢化社会に突入した日本では、家財整理士の需要は今後も高まっていくことが予想されます。今後の時代を勝ち抜くための新しい資格といえるでしょう。

まとめ

家財整理士の役割や資格取得までの流れ・資格が役立つ仕事などを詳しくご紹介しました。家財整理士は、少子高齢化がすすむ今の時代に必要な資格です。幅広いシーンで活躍する資格といえるでしょう。資格取得を検討している人は、ぜひこの記事を参考にしてください。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所