危険物取扱者の複数受験

危険物取扱者の
複数受験は可能?
受け方・組み合わせを徹底解説!

1.危険物取扱者はどんな資格?

最初に、危険物取扱者についてどんな資格か詳しく解説します。

1-1.危険物取扱者の資格概要

危険物取扱者は、危険物を安全に取り扱うための国家資格であり、消防法に準拠しています。危険物は、引火性が高く、間違った扱いによって大事故につながるものです。なお、以下の施設で一定以上の化学物質を所有する場合、危険物取扱者を必ず置く義務があります。

  • 化学工場
  • ガソリンスタンド
  • 石油貯蔵タンク
  • タンクローリー

1-2.危険物取扱者の資格の種類

危険物取扱者には、甲種・乙種・丙種の3種類があり、甲種が最上位種となります。それぞれの内容については、以下を参考にしてください。なお、乙種は取得区分によって取り扱いできる危険物が限定されます。

  • 甲種:全種類の危険物の取り扱いおよび立ち会いが可能
  • 乙種:免状に記載された危険物の取り扱いおよび立ち会いが可能(第1類~第6類までの6区分)
  • 丙種:第4類の危険物のうちガソリン・灯油、軽油・第3石油類・第4石油類・動植物油類の取り扱いが可能、立ち合いは不可

1-3.危険物取扱者の必要性やメリット

危険物は、間違った取り扱いをすることで、爆発・汚染などの危険を伴います。そのため、取り扱いには正しい知識が必要です。また、危険物の管理や作業従事者への教育なども大切な業務となります。企業では危険物取扱者の需要が常にあり、就職・転職・昇進などに大きなメリットがあるのです。仕事の幅を広げ、専門性を高めることができるので、自身のスキルアップにも役立ちます。

2.危険物取扱者の試験について

危険物取扱者の試概要や試験内容、難易度について解説します。

2-1.危険物取扱者の試験概要

危険物取扱者の試験概要は、以下をご覧ください。

  • 受験資格:丙種・乙種は受験資格なし、甲種はこちらを参照
  • 受験日程:種類ごとの受験日程一覧を参照
  • 申し込み方法:書面申請(願書の郵送・持参)かインターネットによる電子申請
  • 受験費用:甲種5,000円・乙種3,400円・丙種2,700円

なお、より詳しい内容は、一般財団法人消防試験研究センターの危険物取扱者試験案内ページを参考にしてください。

2-2.危険物取扱者の試験内容

危険物取扱者の試験内容は、以下のとおりです。

  • 試験時間:甲種2時間30分・乙種2時間・丙種・1時間15分
  • 試験科目:試験科目の詳細はこちらを参照
  • 実地試験:なし
  • 注意点:甲種および乙種は五肢択一・丙種は四肢択一のマークシート方式

2-3.危険物取扱者の難易度

平成29年度の危険物取扱者の合格率は、以下のとおりです。

  • 甲種:37.4%
  • 乙種:第1類67.6%・第2類70.4%・第3類68.7%・第4類34.4%・第5類68.6%・第6類62.9%
  • 丙種:52.1%

乙種の中でも、第4類の合格率が低いのは、人気の区分であり受験者数が多いことが影響しているからです。なお、丙種も約半数の人が不合格であり、決して簡単な試験ではありません。未経験者や自信がない人は、丙種の受験から始め、乙種・甲種と順に進めていくことをおすすめします。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所