危険物取扱者の分類と違いについて

危険物取扱者の
分類について知りたい!
種類による違いは何?

危険物取扱者とは、消防法で定められている危険物の取り扱いや、保安監督業務を行うことができる資格のことです。ガソリンスタンドをはじめとして有資格者を必要としている職場が多いため、学生から社会人までに人気があります。資格取得を目指して勉強に励んでいる方も多いことでしょう。危険物取扱者には、甲種・乙種・丙種があります。

今回は、危険物取扱者の資格区分と種類別の違いについて解説しましょう。

この記事を読めば、危険物取扱者の資格試験対策もバッチリです。資格取得を目指している方は、ぜひ読んでみてくださいね。

01. 01. 危険物取扱者とは
どのような資格?

危険物取扱者とは、前述のとおり、消防法に定められている危険物を取り扱ったり、保安監督業務を行ったりすることができる資格です。危険物にはそれぞれ指定数量が定められており、指定数量を超えた危険物を保管し、取り扱う場合は、危険物取扱者の資格が必要になります。
危険物取扱者というとガソリンスタンドに勤務する際に必要な資格、というイメージを持っている方も多いことでしょう。これは、ガソリンスタンドでは指定数量を超える危険物を取り扱うため、最低でも1名は有資格者が必要だからです。ガソリンスタンド以外にも、化学工場や塗料工場・石油コンビナートなど、有資格者を必要としている職場はたくさんあります。そのため、幅広い年代が取得を目指す人気資格です。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所