危険物取扱者乙種4類試験

危険物乙4を取得したい方必見!
危険物取扱者乙種4類の
試験対策を徹底解説!

「職場で取得するように言われた」「キャリアアップに役立てたい」「就職に必要」など、危険物取扱者乙種4類の取得を考えている方は多いでしょう。危険物乙4は比較的取得しやすいと言われている資格です。しかし、「簡単にとれるだろう」と安易に構えていると、不合格となって受験費用や時間を無駄にしてしまうことになります。そこで、この記事では、危険物乙4を取得するために知っておくべき知識や資格取得対策について解説しましょう。

この記事を読むことで、危険物乙4を取得するために必要な情報や試験対策について知ることができます。

01. 01. 危険物取扱者とは
どんな資格?

危険物取扱者は、消防法によって定められた危険物を取り扱うために必要な資格です。危険物乙4について正しく理解するためにも、まずは危険物取扱者全般についての知識を身につけておきましょう。

危険物取扱者の歴史

現在の『危険物取扱者』が定められたのは1971年です。6月1日の消防法改正に伴い、それ以前まで存在していた『危険物取扱主任者』という資格が『危険物取扱者』と『危険物保安監督者』という2つの役割に分けられました。これによって、資格名が『危険物取扱者』となり、資格取得者に対して各事業所で『危険物保安監督者』を選任する形となったのです。1988年には、受験資格から実務経験が削除され、その代わりに危険物保安監督者の選任要件に実務経験が追加されました。

危険物取扱者にはどんな種類がある?

危険物取扱者の資格は、大きく『甲種』『乙種』『丙種』の3種類に分類されます。それぞれどのような違いがあるのかを見ていきましょう。

丙種

丙種は、ガソリン・灯油・軽油・重油などを扱うために必要な資格です。危険物取扱者資格の中でも、最も難易度の低い資格と言えます。フルサービスのガソリンスタンドで働く場合やタンクローリーの運転手をする際に必要な資格です。取り扱いの範囲はあくまで自分のみで、第三者が扱う際の監督はできません。そのため、セルフサービスのガソリンスタンドでは役に立ちません。危険物取扱者資格の中でも、最も難易度の低い資格です。

乙種

乙種は、1類から6類に分類され、それぞれが対応する危険物を扱うことのできる資格です。また、6か月以上の実務経験を積むことで、危険物保安監督者の選任を受けることができます。化学工場や石油メーカーなど、幅広い分野で需要のある資格です。特に、4類は扱っている業種・業界が多く、乙種の中でも人気の資格となっています。

甲種

甲種は、乙種の1類から6類すべての危険物を取り扱うことのできる資格です。取得することで、医薬品製造や化学製品製造といった分野の就職で有利となります。危険物取扱者の最上位資格となり、多くの職場で即戦力として活躍できるでしょう。ただし、丙種・乙類と異なり受験資格が定められているため、誰でも受験できるわけではありません。

危険物取扱者の職務

危険物取扱者の職務内容は、その名の通り危険物を取り扱うことです。保持している資格の種類によって扱うことのできる危険物が異なり、資格で定められた種類の危険物を取り扱うことになります。代表的な例をあげると、ガソリンスタンドでの給油作業やタンクローリーなどによる石油運搬、化学工場・石油関連施設での保安監督・定期点検などです。

危険物保安監督者の選任義務

一定の危険物の製造・取り扱いを行っている事業所には、危険物保安監督者の選任が義務付けられています。法令によって選任が義務づけられているのは以下の施設です。

  • 製造所
  • 屋外タンク貯蔵所
  • 給油取扱所
  • 移送取扱所

危険物保安監督者になるためには、危険物取扱者として6か月以上の実務経験を積む必要があります。ただし、乙種の場合、保安監督の範囲は資格を取得した類の危険物に限られませす。また、丙種の資格しかない場合には、危険物保安監督者になることはできません。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所