化学メーカーへの就職に有利な資格

化学メーカーへの就職に
有利な資格は?
どのようなものがある?

化学メーカーとは、化学反応を伴う生産プロセスによって、製品や製品の原材料を生産する企業全般を指します。国内製造業の総出荷額の内、約8.4%を占めており、機械製造業などと共に国の基幹産業の1つです。理系の大学や大学院・専門学校などに通っている方の中には、化学メーカーへの就職を希望している人も多いでしょう。また、転職先としても化学メーカーは人気があります。

今回は、化学メーカーへの就職や転職に有利な資格について解説しましょう。

この記事を読めば、化学メーカーに就職や転職するヒントがつかめますよ。化学メーカーへの就職や転職を希望している方は、ぜひ読んでみてくださいね。


01. 01. 化学メーカーとは
どのようなもの?

前述のとおり、化学メーカーとは化学反応を伴う生産プロセスによって、製品や製品の原材料を生産している業者のことです。日本では、農業用肥料の製造会社が最初の化学メーカーでした。戦後になると石油化学工業が発達し、それと共に化学メーカーも増えていきます。現在は、総合化学メーカーや電子材料メーカー・誘導品(化学反応によって生成される各種の製品)メーカーまで多数あり、大勢の技術者が働いているのです。

化学メーカーでは製品の製造はもちろんのこと、研究・施設管理などの仕事があります。研究や製造の仕事を行うには、化学の知識や学歴が必要です。一方、施設や設備・製造に使う材料の管理などは、専門の資格が必要なものもあります。そのため、特定の資格を取得していれば、就職や転職に有利です。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所