資格試験に向けた 勉強スケジュールの 立て方を一挙公開!

【必見】資格試験に向けた
勉強スケジュールの
立て方を一挙公開!

資格試験に
合格するための勉強法

まずは、資格試験に向けて勉強する際の悩みごとや、スケジュールの重要性などをまとめました。

1-1.「時間がない」が最大の悩み

資格試験の勉強をする社会人にとって、最大の悩みは「時間がない」ということです。仕事の合間に勉強をする時間を作らなければならないため、その両立は大変難しいものになるでしょう。仕事と勉強の両立に困難を感じ、途中で挫折してしまう人も少なくありません。実際に、仕事で疲れているときに勉強をしても、なかなか頭に入ってこないものです。また、やる気があっても残業や休日出勤などで勉強の時間を作れなくなることもあると思います。仕事をしながら効率的に勉強するためには、しっかりと計画を立てておくことが大切です。

1-2.勉強のすすめ方を決めておく

勉強をすすめる上で基本となる手順は、「暗記」→「実践」→「本番シミュレーション」です。まずは参考書を読んで暗記をし、次に問題集を使って問題を解いていきます。そして、最後に問題集に添付されている模擬テストや、インターネットで検索した過去問題を使って本番のシミュレーションをしてみましょう。この手順ですすめていけば、自分がどの程度理解していて、本番の試験でどのくらいの点数がとれるかが予想できるはずです。理解できていない問題があったときは、また最初の「暗記」に戻って勉強をし直しましょう。

1-3.モチベーション維持のためにもスケジュールを立てる必要がある

事前に勉強のスケジュールを立てることは、モチベーションを維持する上でも重要です。行きあたりばったりな勉強のすすめ方をしていると、途中で「本当にこの勉強で合格できるのか?」という不安が出てきます。勉強が不十分だった場合も、そのことに気づけないまま試験日を迎えてしまうことになるでしょう。スケジュールを立てていれば、試験日までに十分な勉強ができているか、勉強不足な点はないかを途中で把握することができるのです。「スケジュールどおりに勉強すれば合格できる」という自信を持つことは、挫折を防ぐことにもつながります。

資格試験に向けた
勉強スケジュールの立て方

勉強スケジュールの立て方を具体的に見ていきましょう。

2-1.試験日をゴールに、逆算してスケジュールを立てる

まずは、資格試験日当日をゴールとして、逆算してスケジュールを考えていきましょう。ゴールに間に合わせるためには、いつから勉強を開始したらよいのか、1日どのくらいの勉強が必要なのかが分かってくるはずです。また、勉強の配分についてもプランを立てやすくなるでしょう。暗記にどのくらい、過去問題にどのくらい時間を割けばよいのか、考えながらスケジュールを立てていってください。

2-2.1日のスケジュールも立てる

いつ、どこで、どんな風に勉強するのか、1日のスケジュールも立てておきましょう。たとえば、「この日は仕事が早く終わるので、帰りにカフェに寄って勉強する」「この日は帰りが遅くなるので、朝早く起きて勉強する」など、具体的に決めておくことをおすすめします。朝も夜も勉強する時間がない日は、通勤時間を利用して参考書を読むのもよいでしょう。休日は図書館でゆっくり勉強するのもおすすめです。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所