資格試験に向けた 勉強スケジュールの 立て方を一挙公開!

【必見】資格試験に向けた
勉強スケジュールの
立て方を一挙公開!

仕事や育児をしながら資格の取得を目指すためには、できるだけ短時間で効率的に勉強をする必要があります。ただやみくもに勉強をしても、「試験までに間に合わなかった」ということになってしまうでしょう。そこで、いつ何を勉強するのか、ある程度のスケジュールを立てた上でゴールを目指すことが必要です。そこで、この記事では、資格試験に合格するための勉強法や、勉強のスケジュールを立てる方法をご紹介しましょう。

この記事を読むことで、資格試験に向けてどのような勉強スケジュールを立てればよいのかが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

01. 資格試験に
合格するための勉強法

まずは、資格試験に向けて勉強する際の悩みごとや、スケジュールの重要性などをまとめました。

1-1.「時間がない」が最大の悩み

資格試験の勉強をする社会人にとって、最大の悩みは「時間がない」ということです。仕事の合間に勉強をする時間を作らなければならないため、その両立は大変難しいものになるでしょう。仕事と勉強の両立に困難を感じ、途中で挫折してしまう人も少なくありません。実際に、仕事で疲れているときに勉強をしても、なかなか頭に入ってこないものです。また、やる気があっても残業や休日出勤などで勉強の時間を作れなくなることもあると思います。仕事をしながら効率的に勉強するためには、しっかりと計画を立てておくことが大切です。

1-2.勉強のすすめ方を決めておく

勉強をすすめる上で基本となる手順は、「暗記」→「実践」→「本番シミュレーション」です。まずは参考書を読んで暗記をし、次に問題集を使って問題を解いていきます。そして、最後に問題集に添付されている模擬テストや、インターネットで検索した過去問題を使って本番のシミュレーションをしてみましょう。この手順ですすめていけば、自分がどの程度理解していて、本番の試験でどのくらいの点数がとれるかが予想できるはずです。理解できていない問題があったときは、また最初の「暗記」に戻って勉強をし直しましょう。

1-3.モチベーション維持のためにもスケジュールを立てる必要がある

事前に勉強のスケジュールを立てることは、モチベーションを維持する上でも重要です。行きあたりばったりな勉強のすすめ方をしていると、途中で「本当にこの勉強で合格できるのか?」という不安が出てきます。勉強が不十分だった場合も、そのことに気づけないまま試験日を迎えてしまうことになるでしょう。スケジュールを立てていれば、試験日までに十分な勉強ができているか、勉強不足な点はないかを途中で把握することができるのです。「スケジュールどおりに勉強すれば合格できる」という自信を持つことは、挫折を防ぐことにもつながります。

02. 資格試験に向けた
勉強スケジュールの立て方

勉強スケジュールの立て方を具体的に見ていきましょう。

2-1.試験日をゴールに、逆算してスケジュールを立てる

まずは、資格試験日当日をゴールとして、逆算してスケジュールを考えていきましょう。ゴールに間に合わせるためには、いつから勉強を開始したらよいのか、1日どのくらいの勉強が必要なのかが分かってくるはずです。また、勉強の配分についてもプランを立てやすくなるでしょう。暗記にどのくらい、過去問題にどのくらい時間を割けばよいのか、考えながらスケジュールを立てていってください。

2-2.1日のスケジュールも立てる

いつ、どこで、どんな風に勉強するのか、1日のスケジュールも立てておきましょう。たとえば、「この日は仕事が早く終わるので、帰りにカフェに寄って勉強する」「この日は帰りが遅くなるので、朝早く起きて勉強する」など、具体的に決めておくことをおすすめします。朝も夜も勉強する時間がない日は、通勤時間を利用して参考書を読むのもよいでしょう。休日は図書館でゆっくり勉強するのもおすすめです。

03. 合格する
勉強スケジュールのコツ

資格試験に合格するためには、勉強スケジュールの立て方にもコツが必要です。

3-1.余裕を持たせることも必要

ギリギリのスケジュールを立てるのではなく、ある程度余裕を持たせるようにしましょう。仕事をしながら勉強をすすめていくことは、思っている以上に大変なことです。「急な仕事が入ってその日の勉強ができなかった」という日ももちろん出てくるでしょう。そういうときに軌道修正することが可能なように、スケジュールには必ず「余白の部分」を作っておいてください。

3-2.定期的にチェックして見直す

定期的にスケジュール表をチェックし、状況に合わせて見直し・修正をすることも大切です。たとえば、予定どおりに勉強がすすんでいなかった場合は、今後の勉強時間を少し増やすことも必要になるでしょう。また、「思った以上に暗記ができているので、過去問を解く時間を増やしたい」という場合もあると思います。このように、見直しと修正を繰り返しながら勉強をすすめていきましょう。

3-3.完璧なスケジュールにしない

完璧なスケジュールを立ててしまうと、実現できなかったときにモチベーションが下がってしまいます。そのため、最初から完璧なスケジュールを立てずに、大まかなものにしておくのがおすすめです。資格試験の勉強には、何よりもモチベーションの維持が大切になります。挫折を防ぐためにも、スケジュールを立てる時点から気をつける必要があるでしょう。

04. 勉強スケジュールに関する
よくある質問

「資格試験に向けて勉強スケジュールを立てたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.参考書を丸暗記すれば試験に合格できますか?
A.資格試験はある程度出題パターンが決まっているため、参考書の丸暗記は非効率的な勉強法といえるでしょう。暗記が必要なのは教本すべてではないため、時間の無駄になってしまいます。

Q.どの問題集を選べばよいのか分からないのですが、選ぶポイントを教えてください。
A.長く販売されているもの、薄すぎも厚すぎもしないものを選ぶようにしましょう。また、多くの合格者が実際に使用した問題集を紹介しているサイトもあるため、参考にすることをおすすめします。

Q.勉強する時間帯としては、いつがベストですか?
A.食後は食べものの消化に体力が使われるため、集中力が落ちます。そのため、できるだけ食事の前に勉強をするとよいでしょう。また、夜よりも朝のほうが脳や体が疲れていないため、集中して勉強できるはずです。

Q.なかなか勉強に集中できません。何かよい方法はないでしょうか?
A.集中力を妨げるものが視野に入らないようにする、不要な音が耳に入らないようにするなど、環境を整えることが大切です。1時間ほど勉強したら10分休憩をとるなど、適度なリラックスタイムを作るようにしましょう。

Q.勉強のモチベーションを上げるおすすめの方法を教えてください。
A.「ここまでできたら欲しかったものを買う」など、自分にご褒美を与えるのもよいでしょう。また、勉強した時間を記録するスマホアプリなどを活用する方法もおすすめです。自分の努力が目に見えるようになれば、モチベーションが維持しやすくなります。

05. まとめ

いかがでしたか? 資格試験に向けた勉強スケジュールの立て方についてご紹介しました。仕事をしながら資格取得を目指すためには、どう勉強をすすめていくかスケジュールを立てておくことが大切です。ぜひこの記事を参考にして、合格できる勉強スケジュールの立て方を知ってください。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所