労働安全衛生法とは?関係する資格や種類、取得するための勉強法を徹底解説!

労働安全衛生法とは?
関係する資格や種類、
取得するための勉強法を徹底解説!

労働安全衛生法とは、労働者が安全かつ健康的に仕事が行えるように職場環境の基準や、経営者が行わなければならないことなどを定めた法律です。また、危険を伴う作業を行うのに必要な免許なども、労働安全衛生法によって定められています。安全管理者や衛生管理者・労働安全や労働衛生のコンサルタントの仕事も、この法律に沿って行うのです。

そこで、今回は、労働安全衛生法に関係する資格やそれらを取得する方法などを解説しましょう。

この記事を読めば、労働安全衛生に関係する資格はもちろんのこと、職務などもよく分かりますよ。安全管理者や衛生管理者・労働安全コンサルタントの資格取得を目指す方も、ぜひ読んでみてくださいね。

01. 01. 労働安全衛生法の
基礎知識

はじめに、労働安全衛生法とはどのような法律か、ということを解説します。どのようなことが定められているのでしょうか?

法律の制定年度と定義

前述のとおり、労働安全衛生法は労働者が安全かつ健康的に仕事ができるように定められた法律です。かつては労働基準法の一部でしたが、労働災害の増加を受けて1972年に独立した法律になりました。法律の制定に伴い、法律を補足する労働安全衛生規則も制定されています。労働安全衛生法では、主に以下のようなことが定められているのです。

  • 労働者を危険や健康被害から守るために、経営者が行わなければならないこと
  • 機械・危険物・有害物質に対する規制や、取り扱うことのできる資格について
  • 労働者の体調や年齢による就業の条件
  • 労働者の健康保持に対しての経営者が行うべきこと
  • 労働災害を防止するための方法や義務
  • 罰則規定

たとえば、毎年会社で行われる健康診断も労働安全衛生法に基づいて行われます。

労働安全衛生法の遵守義務がある人とは?

労働安全衛生法は、経営者と労働者の両方に遵守義務があります。経営者は労働者が安全かつ健康を損なわないように仕事ができるよう、職場環境を整えて健康診断などを行わなければなりません。また、安全管理者や衛生管理者を選任し、安全教育や衛生教育も行います。労働時間の調整も経営者の義務です。
一方、労働者は安全教育・衛生教育で教えられたことを守り、仕事をしなければなりません。たとえば、安全のために装着が義務づけられている器具などを使わずに仕事を行った結果労働災害が発生した場合、労働者にも責任が生じます。

労働安全衛生法の重要性

労働者の勤務時間や危険な仕事に対する規制、経営者が労働者の安全や健康を守らない場合の罰則など、労働安全衛生法では労働者の権利をいろいろと保障しています。ですから、労働安全衛生にかかわる職務だけでなく、企業に就職する場合は、どのような法律なのかということを知っておくとよいでしょう。現在は長時間労働やパワハラなどがたびたび問題になっていますが、労働安全衛生法を知っていれば、労働基準監督署へどのような名目で相談をしたらよいか、ということも分かります。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所