労働安全コンサルタントの資格取得に必要なこと

労働安全コンサルタントの
資格を取得したい!
必要な知識や試験のポイント

労働安全コンサルタントは、労働衛生の水準向上を目的とした国家資格の1つです。事業者からの依頼を受けて事業場の診断を行い、結果をもとに指導を行う専門家として活躍しています。いわゆる、労働安全・労働衛生にかんする専門家です。労働安全コンサルタントとして働くためには、資格試験に合格しなければなりません。合格するためには、基礎知識や試験内容を把握することが大切です。そこで、本記事では、労働安全コンサルタントの基礎知識や資格概要・仕事内容と種類・試験内容・勉強法について説明します。

この記事を読むことで、労働安全コンサルタントの資格を取得するために必要な知識を身につけることができます。資格取得を考えている方は、ぜひチェックしてください。

01. 01. 労働安全コンサルタント
の基礎知識

労働安全コンサルタントとは、一体どのような仕事なのでしょうか。概要や主な職務、目的・必要性について説明します。

概要

労働安全コンサルタントは、労働安全衛生法に基づいて昭和47年に創設された国家資格です。厚生労働大臣が行う国家試験に合格しなければ資格取得ができません。基本的に、労働者衛生の水準向上を図るため、事業場の衛生について診断および結果に基づく指導を行います。事業場や企業内で指導する、安全衛生の専門家と言えるでしょう。

主な職務

労働安全コンサルタントの主な職務は、事業所の安全性を診断し、その結果をもとに問題点を改善するための指導を行うことです。事業所の安全状態を診断する業務・事業所の安全指導および安全マニュアル作成業務・安全衛生改善計画書の作成補助業務と、3種類が挙げられます。それぞれの詳細について以下に記してみました。

  • 事業所の安全状態を診断する業務:労災となり得る部分を見つけ出すなど、事業所を安全衛生の面から診断する
  • 事業所の安全指導および安全マニュアル作成業務:安全指導の講習やマニュアル作成など、安全管理にたずさわる
  • 安全衛生改善計画書の作成補助業務:1年間にわたり、事業所の危険有害要因を取りのぞき、安全・衛生水準をアップさせる

目的・必要性

労働安全コンサルタントの目的は、労働者の安全・衛生環境を守ることです。事業場などの職場は、労働者にとって快適かつ安全を確保しておかなければなりません。労働基準法に基づいているか確認して、改善の指導を行うのが、労働安全コンサルタントの大きな役割なのです。ただ、法律を守るだけでなく、労働者の安全を守ること・労働環境を衛生的に保ち続けることが大切なポイントとなります。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所