冷凍機械責任者の役割と資格試験の難易度はどの程度?

冷凍機械責任者とは
どのような資格?
試験の難易度はどの程度?

冷凍機械責任者とは、高圧ガス製造保安責任者という資格の一種です。その名のとおり、冷凍に関わる高圧ガスを製造する施設において保安業務を行うことができる資格であり、業務用の冷蔵庫や冷凍庫のほか、業務用の空調の保安業務を行うことができます。知名度は決して高くありませんが、有資格者を求めている職場は豊富です。

そこで、今回は冷凍機械責任者の職務内容や種類・資格取得の方法を紹介しましょう。

この記事を読めば、冷凍機械責任者の試験対策についてもよく分かります。資格取得を目指している方も、ぜひ読んでみてくださいね。

01. 01. 冷凍機械責任者の
基礎知識

はじめに、冷凍機械責任者の職務内容や有資格者を求めている職場などを紹介します。どのような職場に需要がある資格なのでしょうか?

冷凍機械責任者の定義

冷凍機械責任者とは、高圧ガス保安法に定められている、高圧ガス保安責任者の資格区分の一種です。

高圧ガスとは、圧縮ガスや液化ガスのことであり、私たちの生活に欠かせない都市ガスやプロパンガスも高圧ガスに分類されています。高圧ガスは、取り扱い方や保管方法を間違えると、爆発する危険性が高い危険な物質です。そのため、高圧ガス保安法によって高圧ガスの製造や販売・輸入・移動・貯蔵などは規制されています。

冷凍機械にも高圧ガスが使われており、大型なものは使われるガスの量も膨大です。そのため、冷凍機械責任者という資格が制定されています。なお、前述したように空調にも高圧ガスが含まれるので、業務用などの大型の空調は冷凍機械の一種に分類されるのです。

現在、空調は冷凍機械責任者の資格がなくても取り扱える製品が増えてきましたが、有資格者には高圧ガスの知識があるため、空調機械の保安監督業務を行う仕事に有資格者を求めるところは多いでしょう。

冷凍機械責任者の種類

冷凍機械責任者は、第一種から第三種まであります。第一種は、すべての冷凍機械で保安業務が可能です。第二種は、1日の冷凍能力が300t未満のもの、第三種は、1日の冷凍能力が100t未満の冷凍機械の保安業務を行うことができます。

冷凍機械責任者の職務

冷凍機械責任者の資格を活かして就職した場合、主に冷凍機械のメンテナンスや保守管理が通常の仕事になることが多いでしょう。また、第一種冷凍機械責任者の有資格者は、冷凍機械を製造する際の材料試験、耐圧試験・気密試験の検査員になることができます。そのため、冷凍機械の製造メーカーに就職しても、資格を活かして働くことができるでしょう。

なお、一定規模以上の冷凍設備を設置している施設では、冷凍機械責任者の有資格者の中から「冷凍保安責任者」を選任し、都道府県知事に報告することが義務づけられています。
冷凍保安責任者とは冷凍機械を保安監督する責任者であり、点検の立ち会いや、点検の結果の保管・無資格者が冷凍機械を運転する際の監督業務などが主な職務です。

冷凍機械責任者の資格を活かして仕事をする場合、冷凍保安責任者に選任されること多いでしょう。なお、冷凍保安責任者は、選任者が仕事ができなくなった時のことを考え、代理者も一緒に選任することが推奨されています。

有資格者を必要としている職場

冷凍機械責任者は、業務用の冷凍庫や冷蔵庫を設置してある会社はもちろんのこと、ビルメン(ビルメンテナンス業務)業界でも需要があります。また、百貨店やスーパーの冷蔵・冷凍ケースをまとめて管理している会社も、有資格者の需要が高いでしょう。

ちなみに、冷凍機械責任者の給与は300万円~で、上位の資格ほど給与がアップしやすくなります。そのため、第三種を取得した後、引き続き上位資格取得を目指して勉強に励む方も珍しくありません。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所