公害防止統括者の職務や役割を解説!公害防止管理者との違いは?

公害防止統括者の
職務や役割を解説!
公害防止管理者との違いは?

公害防止統括者とは、20人以上の従業員が所属しており、ばい煙の発生が1日に4万立方m以上、かつ排水量が1日1万立法m以上の特定工場に選任が義務づけられている役職です。公害防止に関する資格としては、公害防止管理者や公害防止主任管理者がありますが、公害防止統括者はこれらを統括することが主な職務になります。

今回は、公害防止統括者の役割や選任方法・行政とのかかわりなどを解説しましょう。

この記事を読めば、公害防止対策のシステムもよく分かりますよ。公害防止管理者の資格取得を目指している方も、ぜひ読んでみてくださいね。

01. 01. 公害防止に関する
基礎知識

公害って何?

公害とは、企業の活動によって排出されたばい煙・廃液・騒音・振動・ダイオキシン類が一般住民の生活に害を与えることです。昭和30年代後半から40年代にかけて、水俣病や四日市ぜんそくなど、全国各地で公害が発生しました。そのため、政府は1970年(昭和45年)に大気汚染防止法や水質防止法など公害を防止するための法律を制定します。企業内で公害防止活動をするために、特定工場内における公害防止組織の整備に関する法律も制定しました。この法律により、公害防止管理者や公害防止主任管理者という資格も作られたのです。

公害防止活動とは?

公害は一度発生すると、収束までに膨大な時間とお金がかかります。ですから、公害を発生させないように防止活動を行うことが大切です。現在、日本では

  • 製造業
  • ガス供給業
  • 電気供給業
  • 熱供給業

のいずれかの業務を行っており、

  • ばい煙
  • 粉じん
  • 汚水
  • 騒音や振動
  • ダイオキシン類

のうち、どれかを排出する設備を備えている施設を「特定工場」と定め、公害防止管理者の選任が義務づけられています。

公害防止管理者の職務

公害防止管理者は、

  • 大気関係(1種~4種)
  • 水質関係(1種~4種)
  • 騒音・振動関係
  • ダイオキシン類関係
  • 粉じん関係
  • 公害防止主任管理者

の13種類の区分がある資格です。有資格者は、定期的に水質や大気などの検査を行い、公害防止を目的とした活動を行います。
なお、公害防止主任管理者は、ばい煙の発生が1日に4万立方メートル以上、かつ排水量が1日1万立法メートル以上の施設に選任が義務づけられている資格です。

現在のところ、「取得すれば、どのような特定工場でも公害防止管理者として選任が受けられる」という資格は存在しません。職場で発生する公害の原因物質に合わせて資格を取得しましょう。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所