公害防止統括者の職務や役割を解説!公害防止管理者との違いは?

公害防止統括者の
職務や役割を解説!
公害防止管理者との違いは?

公害防止統括者とは、20人以上の従業員が所属しており、ばい煙の発生が1日に4万立方m以上、かつ排水量が1日1万立法m以上の特定工場に選任が義務づけられている役職です。公害防止に関する資格としては、公害防止管理者や公害防止主任管理者がありますが、公害防止統括者はこれらを統括することが主な職務になります。

今回は、公害防止統括者の役割や選任方法・行政とのかかわりなどを解説しましょう。

この記事を読めば、公害防止対策のシステムもよく分かりますよ。公害防止管理者の資格取得を目指している方も、ぜひ読んでみてくださいね。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所