公害防止主任管理者とはどのような資格?選任義務がある施設は?

公害防止主任管理者とは
どのような資格?
選任義務がある施設は?

公害防止主任管理者とは、特定工場の中でばい煙の発生が1日に4万立方m以上、かつ排水量が1日1万立法m以上の施設に選任が義務づけられている資格です。公害防止管理者を統括し、指示をする役目を担うことができます。大規模な工場ほど需要が高いので、資格を取得しておくと転職などにも役立つことでしょう。

今回は、公害防止管理者の資格を取得する方法について解説します。

この記事を読めば、公害防止主任管理者になるための方法や資格の活用方法などもよく分かることでしょう。公害防止管理者の資格の資格取得を目指している方も、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

01. 01. 公害防止主任管理者の
基礎知識

はじめに、公害防止主任管理者の資格を取得すると行える職務や、公害防止管理者との違いについて解説します。どのような資格なのでしょうか?

公害防止管理者とはどのような資格?

公害防止管理者とは、

  • 製造業
  • ガス供給業
  • 電気供給業
  • 熱供給業

の内、いずれかの業務を行っており、

  • ばい煙
  • 粉じん
  • 汚水
  • 騒音・振動
  • ダイオキシン類

のどれかを排出する設備を備えている工場に、選任が義務づけられている資格です。ちなみに、公害防止管理者の選任が義務づけられている工場を「特定工場」といいます。特定工場の条件を備えていれば、排出する量に関係なく有資格者の選任が必要です。公害防止管理者は、公害の発生を未然に防ぐために、特定工場の水・周辺の大気・ダイオキシン類・粉じんなどを定期的に検査し、基準値を超えている場合は対策を取らなければなりません。

なお、公害防止管理者は、大気関係・水質関係・騒音と振動・ダイオキシン類・粉じんと13種類の区分があるので、職場で必要とされる資格を取得しましょう。現在のところ、「これを取得すればすべての公害を防止するための活動を行える」という資格区分はありません。

公害防止主任管理者とはどのような資格?

公害防止主任管理者とは、特定工場の中でもばい煙の発生が1日に4万立方m以上、かつ排水量が1日1万立法m以上の施設に選任が義務づけられている資格です。このような特定工場を、「一定規模以上の特定工場」といいます。一定規模以上の特定工場には複数の公害防止管理者が選任されますので、公害防止主任管理者は、管理者を統括して指導するのが主な職務になるでしょう。

また、一定規模以上の特定工場でなおかつ従業員が20人以上所属している施設では、公害防止統括者の選任が必要です。公害防止統括者が選任されている施設では、公害防止主任管理者が統括者の補助も行います。公害防止統括者を頂点とし、公害防止主任管理者と公害防止管理者からなる組織を公害防止組織と言い、主任管理者が指揮を取って公害防止の活動を行うのです。また、公害防止統括者の選任が必要のない施設では、公害防止主任管理者が公害防止組織のトップに立ちます。

なお、公害防止管理者・公害防止主任管理者が選任されたら、すぐに都道府県に氏名と資格区分を届けなければなりません。

公害防止主任管理者の権限

公害防止主任管理者は、役職に言い換えると部長もしくは課長の職務に就くような方が選任されることを想定しています。ですから、有資格者であっても入社したての方が選任されることはまれでしょう。ただし、何年も公害防止管理者として経験を積んだ方が、その実績をかわれて公害防止主任管理者として転職することもあります。公害防止管理者より強い権限があり、施設によっては、経営者に公害防止にかんする意見を述べ、改善を促すこともあるでしょう。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所