保育士として就職・転職する! 資格取得のコツを徹底解説!

保育士として就職・転職したい!
保育士の魅力や
資格取得のコツを徹底解説!

保育士は、かわいい子どもたちの世話をしながら成長を見守ることができる仕事です。女性の社会進出が進んだ結果、子どもの預け先として保育園の需要が急増しており、保育士不足が深刻になっています。今、保育士になることは社会に貢献する方法のひとつであるとも言えるでしょう。今回は、保育士として就職・転職を考えている人のために、資格取得のコツを徹底的に解説します。保育士になりたい人は必見です。

この記事を読むことで、保育士として就職や転職するために必要なことがわかります。また、資格試験に合格するためのコツも理解できるでしょう。さらに、保育士への理解が深まり、資格取得に向けてやる気もアップします。まずは、記事の内容をひとつずつ確認しながら読み進めてください。

01. 01. 保育士の
基礎知識を学ぼう

最初に、保育士の基礎知識を学びましょう。保育士になって活躍するためにも、詳しく知っておくことは有意義です。

保育士ってどんな仕事

保育士とは、保育園などの施設で子どもの保育を行うための国家資格もしくは職業を指します。子どもの保育を行う資格として、保育士と幼稚園教諭を混同しがちですが、両者にはさまざまな違いがあるのです。たとえば、保育士は厚生労働省の管轄で児童福祉法に基づいて職務に当たりますが、幼稚園教諭は文部科学省の管轄となり、子どもの教育が目的となります。また、保育士が担当する子どもの年齢は0歳児から就学前となる一方、幼稚園教諭は3歳児から就学前までです。

保育士の職務について

保育士には、職務がたくさんあります。いずれも、保育を安全・確実に行うために欠かすことができないものです。

  • 子どもに基本的な生活習慣を教える
  • 子どもの食事・着替え・排泄(はいせつ)など身の回りの世話をする
  • 食事マナーや集団でのマナーなどを指導する
  • 遊びや学びを一緒に行って心身の発達を促す
  • 保護者と連絡を取って子どもの成長を共に見守る
  • 園内行事の企画と実行
  • 教材の作成・管理
  • 園内設備の管理・清掃など

保育士の魅力

保育士には、多くの魅力があります。主なものについては、下記をご覧ください。

  • 子どもの成長を間近に感じることができる
  • 子どもの笑顔を見ることができる
  • 保育を通じて自分自身も成長できる
  • 子どもや保護者から感謝を受ける
  • 人の温かさに触れることができる

保育士の大変な点とは?

保育士は、大切な子どもを預かるため大変な点も多くあります。子どもは、言うことを聞いてくれないことが多く、統率することが難しいものです。また、体が小さくて免疫力が付いていないため、体調を崩しやすく目が離せません。さらには、人手不足による長時間労働の問題もあります。保育士は、責任があってやりがいがある仕事ですが大変なことは事実なのです。

保育士に関する最近の傾向・問題点

保育士は、長年「保母」という名前があったようにほとんどが女性でした。しかし、男女雇用機会均等法や男女平等の理念によって、保育士という名称に変わったのです。実際に、最近では男性の保育士も多くなっています。しかし、男性が進出してきてもなお、人材不足は解消できていません。保育所の開設には保育士が必要なのに、需要が供給に追い付いていないのが現状なのです。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所