介護福祉士への就職・転職を考えている方必見! 資格取得のコツとは?

介護福祉士への
就職・転職を考えている方必見!
資格取得のコツは?

少子高齢化がすすんでいる現在の日本は、医療・福祉関連の人手が不足しています。そのため、医療・福祉関連の求人傾向も右肩上がりとなっており、転職・就職を考えている方も多いでしょう。中でも、注目されているのが、三大国家資格の1つである“介護福祉士”です。しかし、「介護福祉士として働くためには、どうすればいいのか」と、悩んでいる方が多いのではないでしょうか。そこで、本記事では、介護福祉士の基礎知識や資格・試験内容・試験勉強の方法などについて詳しく説明します。

この記事を読むことで、介護福祉士になるために必要な情報と試験の勉強法について知ることができます。転職・就職を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

01. 01. 介護福祉士
の基礎知識

介護福祉士として働くためには、どのような仕事なのか、主な職務や必要性、現状と問題について把握しておかなければなりません。まずは、基礎知識を身につけてください。

介護福祉士とは?

介護福祉士は、精神保健福祉士・社会福祉士と並ぶ、福祉系3大国家資格の1つです。ケアワーカーとも呼ばれており、身体上または精神上の障害・支障がある者の介護を行います。心身の状況に応じた介護ができ、専門的知識および技術を有している者のことです。介護・福祉関連の職場で働く介護職の中でも、より専門的な能力を必要とする役職に位置づけられています。

主な職務

介護福祉士の主な職務は、日常生活が困難な障害者や高齢者に対して、食事・入浴・排泄(はいせつ)などの手助けをする身体介護です。介護を必要としている人だけでなく、家族に対するアドバイスや相談も行います。また、専門的な知識と技術を身につけている資格となるため、介護職員をまとめる現場のリーダーとして活躍している方も多いのです。

必要性

現在の日本は、少子高齢化が深刻な問題となっています。今後も高齢者が増え続けると言われているため、介護のプロである介護福祉士の需要は高まるでしょう。日常生活が困難な障害者・高齢者にとっては、生活するために必要不可欠な存在と言えます。高齢者が増え続ける中、介護の高度な知識と技術を持っている介護福祉士は、必要な有資格者です。

現状と課題

介護福祉士の仕事場は、病院・介護老人保健施設・デイケアセンター・特別養護老人ホームなどの社会福祉施設です。介護に関する知識や技術はもちろんのこと、医療従事者や医療分野との連携が必要となります。よって、医療分野の知識習得や連携が課題と言えるでしょう。また、介護福祉士は賃金が安く、体力や業務内容の厳しさなどから離職率が高めです。厚生労働省は、介護福祉士の養成校卒業生に対する、国家試験の受験義務化を2020年度から実施することを決めました。定職率を安定させるためにも、国だけでなく、労働条件・賃金等における施設の取り組みが必要だと考えられています。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所