介護事務の資格や試験を詳しく解説!

介護事務の仕事に就職したい!
必要な資格や
試験を詳しく解説!

超高齢化社会が進む中、高齢者の介護問題が深刻化しています。介護サービスの利用増加に伴って、介護事務ができる人材の需要が高まってきているのも事実です。長く安定して働き続けたい人にも有利でしょう。そこで、今回は、介護事務で就職したい人のために、必要な資格や試験を詳しく解説します。

この記事を読むことで、介護事務に必要な知識が身に付き、試験合格に向けての心構えができます。実際の試験内容を把握し、効率よく学ぶコツがわかるので、試験当日を落ち着いて迎えることができるでしょう。まずは、記事をじっくり読み、ひとつずつ確認しながら進めていってください。

01. 01. 介護事務の
基本を学ぼう

最初に、介護事務の基本を学びましょう。職務や目的・必要性や最近の傾向について解説します。

介護事務とは?

介護事務とは、介護サービスの運営に必要な手続きや書類作成全般のことです。特に、介護報酬請求業務は重要な役割があります。適切なサービスを提供した後は、きちんと報酬請求をする必要があるからです。しかし、専門的な知識を求められるため、誰にでもできることではありません。

介護事務の職務について

介護事務の職務は、主に以下のとおりです。

  • 介護保険請求関連の事務全般
  • 介護サービス利用料の集計・とりまとめ
  • 介護職員の勤怠管理

このほか、職場によっても担当範囲が異なります。就職するときには、職務内容をきちんと確認しておきましょう。

介護事務の目的や必要性

介護事務の目的は、複雑になりがちな介護報酬請求をきちんと管理し、不正なく請求することです。施設運営は、介護報酬の金額に大きな影響を受けます。ミスがあれば、国からの支給が遅れたり止まったりしてしまうでしょう。さらに、介護事務は、施設運営のためだけでなく、利用者に安定した介護サービスを提供するためにも必要と言えます。

介護事務の最近の傾向

介護事務は、職場のIT化が進む中、コンピューターに入力する割合が増加しています。そのため、パソコンなどを操作する能力の高さも重要です。報酬計算の締め切り前以外は定時退社が可能であり、家事や育児・親族の介護との両立をしている人も多くいます。しかし、介護保険制度は随時見直しがあるものです。変化に対応できる能力が高いことを採用条件のひとつと考える職場も増えています。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所