ボイラー点検の種類やメンテナンスの手順を解説

ボイラー点検の種類や
メンテナンスの手順を解説!
点検に必要な資格は?

ボイラーとは、燃料を燃焼させる燃焼室と、燃焼室で生まれたエネルギーを利用して水をお湯、もしくは水蒸気に変換する熱交換器を持つ装置の総称です。発電機や乗り物を動かす動力源・給湯器・暖房などに幅広く利用されています。その一方で、ボイラーの整備を怠ったり、取り扱い方を間違えたりすると大事故につながることもあるでしょう。そのため、法律によって点検が義務づけられています。

そこで、今回はボイラーの点検の種類や、メンテナンスの手順などを解説しましょう。

この記事を読めば、ボイラーに関する資格についてもよく分かりますよ。ボイラーを取り扱う仕事に就きたいと考えている方も、ぜひ読んでみてくださいね。

01. 01. ボイラーの
基礎知識

はじめに、ボイラーの種類や使用目的・整備の重要性などを解説します。どのような場所で使われているのでしょうか?

ボイラーの使い道

前述のように、ボイラーは燃料を燃やして水を沸かし、お湯を供給したり水蒸気を動力源にしたりする装置です。蒸気機関車や蒸気船など、ボイラーが動力源として使われた乗り物もたくさんありました。現在でも、火力発電所のタービンはボイラーが動力源です。

また、商業施設・病院・学校などの給湯設備や暖房設備は、ボイラーを利用しているところも多いでしょう。公衆浴場のお湯を沸かすのも、ボイラーを利用しています。

ボイラーの種類

ボイラーには、

  • 簡易ボイラー(労働安全衛生法施行令第13条第25号で規定されているボイラーの通称)
  • 小型ボイラー(労働安全衛生法施行令第1条第4号で規定されたボイラー)
  • ボイラー(簡易ボイラーにも小型ボイラーの基準にも当てはまらない大型のボイラー)

という3つの種類があります。より詳しいサイズなどを知りたい方は、労働安全衛生法施行令を確認しましょう。ボイラーはさらに小規模ボイラーや大規模ボイラーなど、大きさによって区分されています。

取り扱いや点検について

前述したように、ボイラーは取り扱い方を間違えると大規模な爆発事故が起こる可能性があります。また、整備を怠っても同様です。ですから、ボイラーの取り扱いや整備には国家資格が必要になります。ただし、すべてのボイラーの取り扱いや整備に資格が必要というわけではありません。

  • 簡易ボイラー:構造規格の遵守は義務づけられているが、検査などは義務づけられていない。整備は設置主が自主的に行う
  • 小型ボイラー:製造・輸入の際に検査が必要。1年に1度の定期自主検査が義務づけられている
  • ボイラー:製造には許可が必要。製造や輸入をしたら検査を行い、1年に1度の定期自主検査が義務づけられている

検査や定期点検にかんしては、以上のように法律で定められています。また、小型ボイラーを取り扱うには特別教育を受けることが必要です。ボイラーは、大きさに応じてボイラー取扱技能講習の修了が必要だったり、ボイラー技士の資格が必要だったりします。簡易ボイラーは法律上取り扱いに資格はいりませんが、特別教育やボイラー取扱技能講習を受けた人が取り扱うのが一般的です。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所