ボイラー技士資格合格のコツを徹底解説!

ボイラー技士になりたい!
資格取得までの流れや
合格のコツを徹底解説!

ボイラー技士の資格は、就職や転職に有利に働くという理由から、最近人気が急上昇しています。企業で使用するボイラーの取り扱いは、専門知識を持った人材が行うことで安全に進めることができるからです。今回は、今注目のボイラー技士の資格を取りたい人のために、資格試験合格のコツを中心に知っておくべきことをまとめました。資格取得を目指す人には、必見の内容ですよ。

記事を読むことで、ボイラー技士について深く理解し、資格試験合格のコツもつかむことが可能です。本気で資格取得を望む人には、損になる内容はありません。合格するためには、何よりも資格について理解することが大切です。まずは、最後までじっくり目を通してください。

01. 01. ボイラー技士って
どんな仕事?

最初に、ボイラー技士資格の基本を確認しておきましょう。種類や職務など、知っておくべきことを解説します。

ボイラー技士とは?

ボイラー技士とは、建物や施設において空調および温水ボイラーを操作する資格を有する者のことです。ボイラーを取り扱うためには、労働安全法に基づく国家試験に合格するか、規定の講習を受ける必要があります。ただし、取り扱うことができるボイラーの種類は、資格の種類によって異なるので注意しましょう。

ボイラー技士の種類を解説

ボイラー技士には、4つの種類があります。

  • 特級ボイラー技士:すべての規模のボイラー取扱作業主任者となることができる
  • 一級ボイラー技士:伝熱面積の合計が500平方メーター未満のボイラー取扱作業主任者となることができる
  • 二級ボイラー技士:伝熱面積の合計が25平方メーター未満のボイラー取扱作業主任者となることができる
  • ボイラー取り扱い機能講習終了者:小規模ボイラーに限り取扱作業責任者となることができる

種類によって、取り扱うことができるボイラーの規模が異なります。より大規模のボイラーを取り扱うためには、上級資格の取得を目指しましょう。ボイラー取り扱い機能講習終了者に限っては、国家試験を受ける必要はありません。

ボイラー技士の職務は?

  • ボイラーを安全かつ確実に操作すること
  • ボイラー設備の点検・保守を行うこと

ボイラーは、高温になる性質があるため、間違った取り扱いは大きな事故につながりやすくなります。ボイラーの危険性をきちんと理解し、安全に業務を進めることが大切な職務となるのです。

ボイラー技士に関連する資格について

ボイラー技士に関連する資格としては、次の2つがあります。

  • ボイラー整備士: ボイラーの整備を行うことができる国家資格
  • ボイラー溶接士:ボイラーの溶接を行うことができる国家資格で、特別ボイラー溶接士と普通ボイラー溶接士の2種類がある

ボイラー技士の資格取得を考えている人は、ボイラー整備士やボイラー溶接士の取得も考えてみましょう。業務範囲が広がりますよ。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所