ボイラー取扱作業主任者とはどのような資格?選任義務や取得方法について

ボイラー取扱作業主任者とは
どのような資格?
選任義務や取得方法は?

ボイラー取扱作業主任者とは、一定規模以上のボイラーを設置し、取り扱っている施設で選任が義務づけられているものです。選任を受けるには、ボイラー技士の資格を取得するか、ボイラー取扱技能講習を修了している必要があります。ボイラーは工場や発電所だけでなく、ホテルや学校・病院などにも設置されているため、ボイラーを取り扱うことのできる有資格者を求めている職場は豊富です。

今回は、ボイラー取扱作業主任者の選任を受ける条件や、ボイラー技士の資格取得方法などを解説しましょう。

この記事を読めば、ボイラー技士の試験勉強のコツもバッチリです。ボイラー技士の資格取得を目指している方は、ぜひ読んでみてくださいね。

01. 01. ボイラー取扱作業主任者の
基礎知識

ボイラーとは、熱源を用いて水を沸かし、お湯や水蒸気の力を利用する熱源装置です。かつては列車や船の動力源としても使われていました。現在は、給湯や暖房器具として使用されているほか、工場や発電所などで使用されています。ボイラーは取り扱いを間違えると、爆発事故や火災を起こす危険性が高いことから、取り扱うためにはボイラー技士の資格取得や講習・特別教育が必要です。

ボイラー取扱作業主任者とは、労働安全衛生法に基づいて定められている作業主任者の一種であり、一定規模以上のボイラーを取り扱っている施設に選任が義務づけられています。主な業務は、ボイラー取扱作業の監督やボイラーの日常的な点検・ボイラーに異常が見られた際の応急処置などで、ボイラー技士を束ねる立場といえば理解しやすいでしょう。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所