ボイラーの関連資格

ボイラーの関連資格には
どんな種類がある?
試験内容や勉強法について

オフィスビルや工場・商業施設などには、熱源としてボイラーが利用されています。私たちが生活するためには必要不可欠な設備であり、ボイラーを取り扱うためには資格取得が必要です。ボイラー関連の資格は、ボイラー技士・ボイラー取扱者・ボイラー整備士などさまざまな種類がありますが、それぞれ仕事内容や扱える範囲が異なるので注意しておかなければなりません。そこで、本記事では、ボイラーの基礎知識から関連資格の内容・ボイラー技士の資格取得・勉強法について説明します。

この記事を読むことで、ボイラーに関連する資格を知り、取得のための勉強を始めることができます。気になる方は、ぜひ参考にしてください。

01. 01. ボイラーの基礎知識

ボイラーの資格について知る前に、基礎知識を深めることが大切です。定義や設置されている場所・重要性について説明します。

1-1.定義

ボイラーは、水(液体)に熱を加えて、温水・蒸気を生み出す機械のことです。温水をつくるものを温水ボイラー、蒸気をつくるものを蒸気ボイラーと呼んでいます。私たちが普段の生活で使用する「やかん」も、ボイラーの仕組みに近いものです。しかし、ボイラーは、以下の3点に当てはまるものを定義しています。

  • 火気・高温ガスまたは電気を熱源とするもの
  • 水または熱媒を加熱して、蒸気または温水をつくる装置であること
  • 蒸気または温水をほかに供給する装置であること

1-2.どんな場所にあるか

ボイラーは、普段目にする場所に設置されていません。オフィスビルや商業施設・工場などの施設では、ボイラー室と呼ばれる場所に設置しています。ボイラー室とは、ボイラーなどの機械を設置して、暖房を管理する場所です。一般家庭では、お風呂場や台所付近に設置されています。

1-3.ボイラーの重要性

私たちの生活のまわりには、多くのボイラーが使われています。暖房やお風呂など、生活に必要不可欠な機械の1つです。一般家庭はもちろんのこと、銭湯・オフィスビル・デパート・マンション・病院・工場・ホテルなど、多くの施設で稼働しています。暖房やお湯を使用するためには、ボイラーが必要なのです。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所