ボイラー技士の資格概要

ボイラー技士の資格概要や
免許更新などをご紹介!
~合格のコツとは~

お湯を沸かすために必要なボイラーは、私たちの生活に必要不可欠なものです。そのボイラーを取り扱うためには、きちんと仕組みを把握しておかなければなりません。原理や仕組みなど基礎知識を身につけた「ボイラー技士」を取得した人は、ボイラーの取り扱いが可能となります。しかし、どのように資格を取得すれば良いのか、分からない方もいるでしょう。そこで、本記事では、ボイラー技士の基礎知識や種類・資格取得のポイント・講習や更新について説明します。

この記事を読むことで、ボイラー技士の資格を取得するために必要な知識を身につけることができます。受験を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

01. 01. ボイラー技士について

資格取得を目指すために、まずは、ボイラー技士の基礎知識を身につけておきましょう。

1-1.定義

ボイラー技士とは、ボイラーを取り扱う資格を有する者のことです。国家資格の1つであり、ボイラーの取り扱いをするためには必要不可欠な資格と言っても良いでしょう。ボイラーは、燃料を燃焼することで生み出した熱を水に伝え、水蒸気やお湯にする熱源器です。ボイラーの設置や定期検査は、知識を有した者が行うからこそ機能を十分に果たすことができます。

1-2.準拠する法律

ボイラー技士は、労働安全衛生法に基づく国家資格です。労働安全衛生法は、労働者の安全と衛生についての基準を定めた日本の法律で、昭和47年に施行されました。労働基準法と相まって、労働災害の防止のための危害防止基準を確立しています。

1-3.主な職務・就職先

ボイラーの取り扱いから設置・定期検査などが、ボイラー技士の主な職務です。ボイラーの点検や安全管理を行うためには、専門的な知識を持っておかなければなりません。専門知識を持っているボイラー技士を求めている企業が増えています。主な就職先としては、ビル管理会社や設備会社・建設会社・大規模工場・プラント建設会社・病院・温泉施設などがあるでしょう。

1-4.必要性

水をお湯に換えることができるボイラーは、私たちの生活に必要な機器です。日常的に使用するものだからこそ、安心・安全な稼働を求めます。そこで、大活躍するのがボイラーにかんする専門的な知識を持つボイラー技士なのです。ボイラー技士は、ボイラーを安心・安全に使用するために必要な存在と言えるでしょう。

1-5.資格取得のメリット

ボイラー技士の資格を取得すれば、就職・転職に有利です。ボイラー技士の求人率は常に安定しているため、実績を積むほど大規模な工場や企業・施設へ務めることができるでしょう。
また、基本給とは別に、資格手当てを得ることができます。最初は、毎月数千円程度であっても、長く勤務するほど昇給が期待できるのです。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所